【キーエンスKV】マスターコントロール(MC・MCR)命令の指令方法とラダープログラム例

00_【キーエンスKV】マスターコントロール(MC)命令の指令方法とラダープログラム例

キーエンスKVシリーズにおける「マスターコントロール」命令とは、ラダープログラムの母線をON/OFFすることにより、指定した範囲内の出力を一斉にON/OFFするラダープログラム命令です。

マスターコントロール命令を用いることにより、共通の実行条件を1ヶにまとめ、各々の回路に都度入れる手間を省くことができます。

この記事では、キーエンスKVシリーズにおけるマスターコントロール命令の指令方法ラダープログラム例について解説します。

注意
この記事中のラダープログラムはKV STUDIO Ver.11で作成しており、対応機種はKV-N24に設定してあります。
メモ
マスターコントロール命令はKV-8000・KV-7500/7300・KV-5500/5000/3000・KV-1000・KV-nanoシリーズで使用可能です。※2020年11月現在

1. マスターコントロール命令の指令方法

マスターコントロール命令を使用する場合、MC命令とMCR命令の2ヶをセットで指令する必要があります。

MC:マスターコントロール命令
MCR:マスターコントロールリセット命令

MCはマスターコントロール(Master control)の略です。そのままですね…

メモ
マスターコントロール命令に微分実行型はありません。また、扱うデータの型を指定する「サフィックス」に対応した命令ではありません。

こちら↓がMC命令とMCR命令を使用したラダープログラム例です。

10_MC命令

このラダープログラムは、MC命令とMCR命令の間にR501とR502のコイルが挟まれています。この挟まれている部分がマスターコントロールの対象となります。

10_MC命令解説1

MC命令の実行条件であるR000がONのとき「R001がONするとR501がON」「R002がONするとR502がON」します。

R000がOFFのとき「R001がONしてもR501はONしない」「R002がONしてもR502はONしない」動作になります。

先ほどのラダープログラムと同じ動作をする回路を、MC・MCR命令を使用せずに作成すると以下のようになります。

10_MC命令解説2

R000のa接点がR501とR502の回路に共通の入力条件として入っています。マスターコントロール命令は今回のR000のような「共通の入力条件を各々の回路に入れることなくMC・MCR命令の1セットで済ませることができる」命令です。

今回はマスターコントロールの対象がR501とR502の2ヶの回路であったため、わざわざマスターコントロール命令を使用する利点はあまりありません。マスターコントロール命令は対象の回路が増えた場合に「各々の回路に入れる手間を省く」利点があります。

メモ
MC・MCR命令の外にある回路はマスターコントロール命令の対象ではありません。↑のラダープログラムの場合、R000の状態に関わらず「R003がONするとR503がON」します。

MC:マスターコントロール命令

マスターコントロール命令は”MC”と指令します。

こちらがMC命令を使用したラダープログラム例です。(先ほどのラダープログラム1行目です。)

11_MC命令

MC命令の実行条件には、マスターコントロールの対象をON/OFFさせるための条件を指定します。↑のラダープログラムではR000がONしているときにマスターコントロール命令が実行されます。

MC命令はマスターコントロールの対象を開始する位置に指令します。

MC命令の中にはデバイスを指定する必要はありません。


マスターコントロール命令をKV STUDIOの回路上に挿入するには「MC」と回路上で入力します。

11_命令挿入

MCR:マスターコントロールリセット命令

マスターコントロールリセット命令は”MCR”と指令します。

こちらがMC命令を使用したラダープログラム例です。(先ほどのラダープログラム4行目です。)

12_MCR命令

MCR命令は、マスターコントロールの対象を終了する位置に指令します。MC命令とMCR命令に囲まれた範囲がマスターコントロールの対象となります。

MCR命令には実行条件を指定する必要はありません。


マスターコントロールリセット命令をKV STUDIOの回路上に挿入するには「MCR」と回路上で入力します。

12_命令挿入

2.【例題】マスターコントロールで出力を一斉にOFFする

下記仕様のラダープログラムをマスターコントロール(MC・MCR)命令を用いて作成します。

仕様
スイッチ(R000)を押すたび、ランプ(R500)の点灯/消灯が切り替わる。
スイッチ(R001)を押すたび、ランプ(R501)の点灯/消灯が切り替わる。
スイッチ(R002)を押すたび、ランプ(R502)の点灯/消灯が切り替わる。
スイッチ(R003)を押すと、ランプはすべて消灯する。

スイッチを押すたびにランプのON/OFFを切り替えます。このような回路をオルタネイト回路やワンスイッチ回路と呼びます。

まず各々のオルタネイト回路を作り、MC命令とMCR命令で囲みます。

キーエンスKVシリーズで作成するオルタネイト回路については以下のページで解説しております。

00_【ノウハウ初級】オルタネイト回路のラダープログラム例【キーエンスKV】【ノウハウ初級】オルタネイト回路のラダープログラム例【キーエンスKV】

タッチパネルの動作イメージ

タッチパネルの動作イメージは以下のようになります。

例題_タッチパネル

スイッチ(R000)~(R002)を押すたび、ランプ(R500)~(R502)の点灯/消灯が切り替わります。

スイッチ(R003)を押すとランプは一斉に消灯します。スイッチ(R503)が押されている状態では、いずれのスイッチを押してもランプは点灯しません。

ラダープログラム

ラダープログラムは以下のようになります。

例題_ラダープログラム

R000~R002はオルタネイト回路が組まれており、各々のスイッチを押すたびに出力リレーR500~R502のON/OFFが切り替わります。

このオルタネイト回路をMC命令とMCR命令で囲むことで、R500~R502をマスターコントロールの対象になります。

MC命令の実行条件はR003のb接点のため、スイッチ(R003)を押していない状態でマスターコントロール命令が実行されます。

スイッチ(R003)を押すことにより、R003のb接点がOFFしてマスターコントロールの対象が一斉にOFFします。


↑のラダープログラムを、マスターコントロール命令を使用せずに作成すると以下のようになります。

例題_ラダープログラム(別解)

このラダープログラムは、先ほどのマスターコントロール命令を用いたものと同じ動作をします。

このように、マスターコントロール命令はマスターコントロールの対象の大元をON/OFFするイメージの命令です。

3. おわりに

キーエンスKVシリーズにおけるマスターコントロール(MC・MCR)命令について解説しました。

マスターコントロール命令は「マスコン」とよく略されて呼ばれます。私は過去に「マスタコ」と呼んでいた方を見たことがあります。

まとめ
  • マスタコントロール命令は”共通の入力条件”をまとめることが出来る。
  • MC命令とMCR命令でマスターコントロールの対象範囲を囲む。
  • MCR命令には入力条件は不要。

以下の参考書はラダープログラムの色々な「定石」が記載されており、実務で使用できるノウハウが多く解説されています。私がラダープログラムの参考書として自信をもってオススメできるものです。

ただし、ラダープログラムやPLCといった電気・制御設計は参考書やWebサイトのみでの学習には必ずどこかで限界が来ます。

各メーカが販売しているPLCやプログラム作成のアプリケーションを揃えるには安くても十万円以上の大きな費用が掛かり、独学は現実的ではありません。

ラダープログラムの一番現実的な学習方法は「実務で経験を積む」ことです。電気・制御設計者はこれから更に必要な人材になり続けますので、思い切って転職する選択肢もあります。

DODA』といった大手求人(転職)サイトには電気・制御設計の求人が数多く紹介されています。※登録は無料です。

「スキルこそ今後のキャリアを安定させる最も大切な材料」と考える私にとって電気・制御設計はとても良い職業だと思います。キャリアの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です