【印字機】ラベルテープを印字する方法(キヤノン:Mk2600)

00_【印字機】ラベルテープを印字する方法(キヤノン:Mk2600)

ラベルテープとは、文字や記号を印字するテープのことで、制御盤や分電盤に内蔵してある機器の記号や名称・意味合いを表記するために使用します。(テプラのようなものです。)

制御盤に配線作業や保全作業をする場合、各々の機器に対して「この機器の名称はこれです。」と実際の機器の近傍に表記しておく必要があります。

ラベルテープは他にも、操作盤に取り付けたスイッチや表示灯に対して名称を記載するために使用される場合もあります。

注意
ラベルテープはいわゆるシールなので、”屋外””切削油が掛かる部分”への使用は避けた方が好ましいとされています。

この記事では、キヤノン製のケーブルIDプリンター:Mk2600を用いてラベルテープを印字する方法を解説します。

1. 使用する機器・ラベルテープ

今回使用する機器は以下の通りです。

ケーブルIDプリンター:Mk2600

Mk2600は以下のような特徴があります。※私も使用しているおススメの印字機です。

Mk2600の特徴
  • 幅250mm×奥行300mm×高さ85mmのコンパクトサイズ
  • 高速印字にすれば最大42本/分とハイスピード
  • チューブ・ラベルテープ・ラップアラウンドテープ等の媒体に対応
  • USBでPCと接続可能(CSVで入力可能)

Mk2600はマークチューブ以外にも「ラベルテープ」や「端子台の記名板」「ラップアラウンドテープ」などを作成することができます。

ラベルテープカセット(白色、幅6mm):3476A023

Mk2600を用いてラベルテープを印字する場合、本体とは別でラベルテープカセットが必要になります。(Amazon等でも購入可能です。)

今回はテープ幅が6mmの白色のラベルテープを使用します。ラベルテープカセットの種類はMk2600の消耗品・オプションページに記載してあります。

2. 事前の準備

ラベルテープを印字する前に以下の作業を行います。

リボンカセットをセットする

リボンカセットをMk2600本体にセットします。

10_リボンカセット
メモ
Mk2600本体には本記事内で使用するリボンカセットが付属されています。

その際、リボンカセットにあるリボンの”たるみ”を取り除く必要があります。

たるみがある場合、リボンカセットを一度取り外してカセットのつまみに指を突っ込んで回します。

21_リボンのたるみ

この時、リボンカセット側面のICチップには触らないでください。情報が正しく読み取れなく恐れがあります。

22_リボンカセットIC

たるみが取れたら、リボンカセットをMk2600本体にセットします。

ラベルテープカセットをセットする

注意
Mk2600本体にはラベルテープカセットは付属されていませんので、別途購入する必要があります。

ラベルテープカセットから、テープを5~7mm出します。(カセット表面に記載してあります。)

11_テープを出す

この状態で、ラベルテープカセットをMk2600にセットします。

12_テープカセットをセット

カバーを閉じます。

12_カバーを閉じた様子

電源スイッチをONにする

本体カバーを閉じて、左側面の電源スイッチをONします。

26_電源スイッチON

これで事前の準備が完了しました。

3. ラベルテープ印字手順

それではラベルテープに文字を印字します。今回は例として「ELB」「PLC」「端子台」を各2ヶずつ作成します。

印字する文字を入力する

電源がONしたら、ラベルテープに印字する文字を入力します。

[英数/ローマ字/ひらがな]を押して文字入力モードを英数にします。その後「ELB」と入力して[Enter]を押します。

20_英数&ELB
[Enter]を押すと2ページ目に移行します。そのまま「PLC」と入力して[Enter]を押します。

21_PLC
[英数/ローマ字/ひらがな]を押して文字入力モードをローマ字にします。その後「端子台」と入力して[Enter]を押します。

22_ローマ字&端子台

印刷する

文字入力が終わったら[印刷]を押します。

印字する媒体を選択します。今回はラベルを選択して[Enter]を押します。

23_ラベル選択

ラベルサイズを選択します。今回は6mmを選択して[Enter]を押します。

24_ラベルサイズ

印刷する本数を設定します。今回は各ラベルテープを2ヶずつ印字するので”印刷本数に2”と入力します。

25_印刷本数
[Enter]を押すと印刷中のメッセージが表示されて印刷がスタートします。

26_印刷中

↓印刷している様子です。(gif容量の都合で抜粋しています。)

27_印刷している様子

ラベルテープが完成しました!

28_完成ラベルテープ1

各ラベルに切り目が入っているので、すぐに貼り付けることができます。

29_完成ラベルテープ2

4. おわりに

キヤノン製のケーブルIDプリンター:Mk2600を用いてラベルテープを印字する方法を解説しました。

今回はマークチューブの印字方法の基本中の基本部分だけを解説したのみになります。これから色々な機能を別記事で解説していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です