データレジスタ(D)の概要と使用例

00_データレジスタ(D)の概要と使用例

データレジスタとは、数値データを格納することができるデバイスです。

三菱電機製のPLCでは”D”と表されています。

この記事では、データレジスタの概要と使用例を解説します。

PLCは三菱電機製シーケンサ:FX3G-60MT/ESS、ラダープログラムはソフトウェア:GX Works2を使用します。

1. データレジスタの概要

1点のデータレジスタは、16ビットデータで構成されており、
最上位ビット(15ビット目)は符号ビットとして扱われます。

データレジスタの各ビットデータは0か1のどちらかになります。
上の表では、2・4・6・7ビット目に”1″が立っていたので212になります。
(よくわからない方は、2進数から10進数の変換で検索してみてください。)

メモ
入力リレー(X)や出力リレー(Y)のように、ON/OFFの2通りの状態で
表されるものを”ビットデバイス”と呼びます。
対して、データレジスタ(D)のように数値データを格納できるものは
“ワードデバイス”と呼びます。

2. ラダープログラムでの使用方法

データレジスタを使用するラダープログラムの例題を解説します。


2-1. データレジスタに定数を格納

仕様
X0がONすると、データレジスタD0に定数”100″を格納する。
X0がOFFすると、D0は”0″に戻る。
ラダープログラム

【解説】

MOVとは転送命令です。左側の数値データ(またはデバイスの値)を右側のデバイスに転送します。

ラダープログラム一行目は、X0がONしている間、定数”100″をデータレジスタD0に転送するプログラムです。

2行目は、X0がOFFしている間、定数”0″をデータレジスタD0に転送するプログラムです。

データレジスタに一度格納された数値データは、新たに別の数値データを書き込まれるまで保持されます。上のラダープログラムの2行目がなければ、X0がOFFしてもD0には定数”100″が格納され続けます。

注意
このラダープログラムは同時に複数の入力がされた時の対策がされていません。
一般的に、データレジスタに数値データを転送する場合は、入力条件が同時
にONしないようにします。

2-2. データレジスタの値を比較する

仕様
X0がONすると、データレジスタD0に定数”0”を格納する。
X1がONすると、データレジスタD0に定数”10”を格納する。
X2がONすると、データレジスタD0に定数”20”を格納する。
D0が”0”のとき、Y0がONする。
D0が”10”のとき、Y1がONする。
D0が”20”のとき、Y2がONする。
ラダープログラム

【解説】

3行目までは、MOV命令でD0に定数を格納しています。

4行目以降は、接点形比較命令の1ヶで”左側の数値データと右側のデバイス”の値が一致した時にONする命令です。
今回は左側に定数、右側にデータレジスタにしましたが、逆でも問題ありません。

6行目の場合、D0に定数”20”が格納されている時にONします。


3. おわりに

データレジスタを用いることにより、ON/OFFで記述すると膨大な量だったラダープログラムを短く、さらに見やすくすることが可能になります。

まとめ
・データレジスタは数値データを格納できる
・入力条件がOFFしても、格納された数値データは保持される
・データレジスタを用いると、複雑な制御が可能となる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です