【キーエンスKV】セット・リセット(SET・RES)命令の指令方法とラダープログラム例

00_【キーエンスKV】セット・リセット(SET・RES)命令の指令方法とラダープログラム例

キーエンスKVシリーズにおける「セット」命令とは、入力条件がONするとデバイスがONし続けるラダープログラム命令です。

逆に「リセット」命令とは、入力条件がONするとデバイスをOFFするラダープログラム命令です。

この記事では、キーエンスKVシリーズにおけるセット命令とリセット命令の指令方法ラダープログラム例について解説します。

注意
この記事中のラダープログラムはKV STUDIO Ver.11で作成しており、対応機種はKV-N24に設定してあります。
メモ
セット・リセット命令はKV-8000・KV-7500/7300・KV-5500/5000/3000・KV-1000・KV-nanoシリーズで使用可能です。※2020年10月現在

キーエンスKVシリーズでは、セット命令とリセット命令が合体したイメージのキープ(KEEP)命令という命令が存在します。キープ(KEEP)命令については以下のページで解説しておりますので、宜しければご覧ください。

00_【キーエンスKV】キープ(KEEP)命令の指令方法とラダープログラム例【キーエンスKV】キープ(KEEP)命令の指令方法とラダープログラム例

1. セット命令の指令方法

セット命令には2種類の命令方法があります。

SET:毎スキャン実行型
@SET:微分実行型(パルス実行型)

SETは、その名の通り 置く・配置する(set)からきています。

メモ
毎スキャン実行型とは、実行条件がONしている間、その命令を毎スキャン実行するものです。対して微分実行型(パルス実行型)とは、実行条件がOFF→ONになったとき1スキャンのみ実行するものです。

SET:毎スキャン実行型のセット命令

毎スキャン実行型のセット命令は”SET”と指令します。

↓がSET命令を使用したラダープログラム例です。

11_SET命令

↓命令部分を拡大

11_SET命令拡大

<↑のラダープログラム動作>
実行条件である入力リレーR000がONすると、出力リレーR500がONします。その後にR000がOFFしてもR500はONし続けます。

R500をOFFさせるには、次項で解説するリセット命令等を用いて新たに”0”を書き込む必要があります。

@SET:微分実行型(パルス実行型)のセット命令

命令の頭文字に@を付けることで、微分実行型(パルス実行型)となります。微分実行型(パルス実行型)は実行条件がOFF→ONになった瞬間の1スキャンしか実行されません。

↓が@SET命令を使用したラダープログラム例です。

11_@SET命令

↓命令部分を拡大

11_@SET命令拡大

<↑のラダープログラム動作>
毎スキャン実行型と同様、実行条件である入力リレーR000がONすると、出力リレーR500がONします。その後にR000がOFFしてもR500はONし続けます。

ただし、微分実行型(パルス実行型)である@SET命令は実行条件がOFF→ONになった瞬間の1スキャンのみ実行されます。

KV STUDIOにおける命令挿入の方法

セット命令をKV STUDIOの回路上に挿入するには「SET ONするデバイス」と回路上で入力します。

先ほどの毎スキャン実行型のセット(SET)命令を挿入する場合、KV STUDIOの回路上でSET R500と入力してEnterキーを押します。

10_命令挿入

2. リセット命令の指令方法

リセット命令には2種類の命令方法があります。

RES:毎スキャン実行型
@RES:微分実行型(パルス実行型)

RESは、リセット(reset)の略です。

メモ
毎スキャン実行型とは、実行条件がONしている間、その命令を毎スキャン実行するものです。対して微分実行型(パルス実行型)とは、実行条件がOFF→ONになったとき1スキャンのみ実行するものです。

RES:毎スキャン実行型のセット命令

毎スキャン実行型のリセット命令は”RES”と指令します。

↓がRES命令を使用したラダープログラム例です。

20_RES命令

↓命令部分を拡大

20_RES命令拡大

<↑のラダープログラム動作>
実行条件である入力リレーR000がONすると、出力リレーR500がOFFします。

@RES:微分実行型(パルス実行型)のセット命令

命令の頭文字に@を付けることで、微分実行型(パルス実行型)となります。微分実行型(パルス実行型)は実行条件がOFF→ONになった瞬間の1スキャンしか実行されません。

↓が@RES命令を使用したラダープログラム例です。

21_@RES命令

↓命令部分を拡大

21_@RES命令拡大

<↑のラダープログラム動作>
毎スキャン実行型と同様、実行条件である入力リレーR000がONすると、出力リレーR500がOFFします。

ただし、微分実行型(パルス実行型)である@RES命令は実行条件がOFF→ONになった瞬間の1スキャンのみ実行されます。

KV STUDIOにおける命令挿入の方法

セット命令をKV STUDIOの回路上に挿入するには「RES OFFするデバイス」と回路上で入力します。

先ほどの毎スキャン実行型のリセット(RES)命令を挿入する場合、KV STUDIOの回路上でRES R500と入力してEnterキーを押します。

20_命令挿入

3.【例題①】ONする条件が論理積(AND)のセット・リセット

下記仕様のラダープログラムをセット・リセット命令を用いて解説します。

仕様
スイッチ(R000)かつスイッチ(R001)を押すと、ランプ(R500)が点灯し続ける。
スイッチ(R002)を押すことでランプ(R500)は消灯する。
※スイッチが同時に押された場合、消灯する条件を優先してランプ(R500)は点灯しないこととする。

この仕様のラダープログラムは自己保持回路やキープ命令など色々な作成方法がありますが、今回はセット・リセット命令を用いて解説します。

タイムチャート

タイムチャートは以下のようになります。

例題①_タイムチャート

入力リレーR000かつR001がONすると、出力リレーR500がONし続けます。R000・R001のどちらか一方だけONではR500はONしません。

入力リレーR002がONすると、出力リレーR500はOFFします。

タッチパネルの動作イメージ

タッチパネルの動作イメージは以下のようになります。

例題①_タッチパネル

スイッチ(R000)かつスイッチ(R001)を押すと、ランプ(R500)が点灯し続けます。その後、スイッチ(R002)を押すことでランプ(R500)は消灯します。

スイッチが同時に押された場合、スイッチ(R002)を優先してランプ(R500)は点灯しません。

ラダープログラム

ラダープログラムは以下のようになります。

例題①_ラダープログラム

実行条件を入力リレーR000とR001のa接点を直列に接続したセット(SET)命令を使用して、出力リレーR500をONさせます。直列に接続することで『R000かつR001がONするとR500がONする』動作になります。

R500をOFFさせるため、R002を実行条件とするリセット(RES)命令を使用します。

毎スキャン実行型のセット・リセット命令を使用した場合、ラダープログラムの後(下側)に記述した命令が優先的に実行されます。

メモ
直列に接続することを『論理積』『AND接続』と表現します。

シミュレータの動作

シミュレータを実行している様子は以下のようになります。

例題①_シミュレーション

各デバイスは、黄緑色に塗りつぶされるとONになっている状態です。

入力リレーR000かつR001がONすると、出力リレーR500がONします。その後R000・R001がOFFしてもR500はONし続けます。

入力リレーR002がONするとR500はOFFします。SET条件とRES条件が同時にONすると、R500はONしません。

4.【例題②】OFFする条件が論理和(OR)のセット・リセット

下記仕様のラダープログラムをセット・リセット命令を用いて解説します。

仕様
スイッチ(R000)を押すと、ランプ(R500)が点灯し続ける。
スイッチ(R001)またはスイッチ(R002)を押すことでランプ(R500)は消灯する。
※スイッチが同時に押された場合、消灯する条件を優先してランプ(R500)は点灯しないこととする。

【例題①】では、SET条件がR000かつR001の論理積(AND)でした。今回はRES条件を「R001またはR002」としています。

タイムチャート

タイムチャートは以下のようになります。

例題②_タイムチャート

入力リレーR000がONすると、出力リレーR500がONし続けます。

入力リレーR001またはR002がONすると、出力リレーR500はOFFします。

タッチパネルの動作イメージ

タッチパネルの動作イメージは以下のようになります。

例題②_タッチパネル

スイッチ(R000)を押すと、ランプ(R500)が点灯し続けます。その後、スイッチ(R001)またはスイッチ(R002)を押すことでランプ(R500)は消灯します。

スイッチが同時に押された場合、スイッチ(R001)とスイッチ(R002)を優先してランプ(R500)は点灯しません。

ラダープログラム

ラダープログラムは以下のようになります。

例題②_ラダープログラム

リセット(RES)命令にR001とR002を並列に接続することで『R001またはR002がONすることで出力リレーR500がOFFする』動作になります。

メモ
並列に接続することを『論理和』『OR接続』と表現します。

シミュレータの動作

シミュレータを実行している様子は以下のようになります。

例題②_シミュレーション

入力リレーR000がONすると出力リレーR500がONします。R001またはR002がONするとR500はOFFします。

5. おわりに

キーエンスKVシリーズにおけるセット・リセット(SET・RES)命令について解説しました。

以下の参考書はラダープログラムの色々な「定石」が記載されており、実務で使用できるノウハウが多く解説されています。私がラダープログラムの参考書として自信をもってオススメできるものです。

ただし、ラダープログラムやPLCといった電気・制御設計は参考書やWebサイトのみでの学習には必ずどこかで限界が来ます。

各メーカが販売しているPLCやプログラム作成のアプリケーションを揃えるには安くても十万円以上の大きな費用が掛かり、独学は現実的ではありません。

ラダープログラムの一番現実的な学習方法は「実務で経験を積む」ことです。電気・制御設計者はこれから更に必要な人材になり続けますので、思い切って転職する選択肢もあります。

DODA』といった大手求人(転職)サイトには電気・制御設計の求人が数多く紹介されています。※登録は無料です。

「スキルこそ今後のキャリアを安定させる最も大切な材料」と考える私にとって電気・制御設計はとても良い職業だと思います。キャリアの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です