【キーエンスKV】ワンショット(SHOT)命令の指令方法とラダープログラム例

00_【キーエンスKV】ワンショット(SHOT)命令の指令方法とラダープログラム例

「ワンショット」命令とは、キーエンスKVシリーズにおけるビットデバイスを指定した時間、ワンショット出力するラダープログラム命令です。

ワンショット命令を用いることにより、スイッチが押されている時間に関わらず、必ずランプを一定時間ONする等のラダープログラムが「命令一つ」で作成することが可能です。

この記事では、キーエンスKVシリーズにおけるワンショット命令の指令方法とラダープログラム例について解説します。

注意
この記事中のラダープログラムはKV STUDIO Ver.10で作成しており、対応機種はKV-N24に設定してあります。
メモ
ワンショット命令はKV-8000・KV-7500/7300・KV-5500/5000/3000・KV-1000・KV-nanoシリーズで使用可能です。※2019年12月現在

1. ワンショット命令の指令方法

ワンショット命令には、1種類の指令方法があります。

  • SHOT:ワンショット

SHOTは、発砲・発射(shot)からきています。

メモ
ワンショット命令に微分実行型はありません。また、扱うデータの型を指定する「サフィックス」に対応した命令ではありません。

SHOT:ワンショット命令

ワンショット命令は”SHOT”と指令します。

こちらがSHOT命令を使用したラダープログラム例です。

10_SHOT命令

このラダープログラムでは、入力条件である入力リレーR000がONすると、出力リレーR500が3秒間ONします。

このとき、入力条件がONしている時間は関係ありません。

つまり、↑のラダープログラムでは入力リレーR000のONしている時間が3秒未満であっても、3秒を超えた場合であっても、入力リレーR000がOFF→ONになった瞬間から3秒間だけ出力リレーR500がONします。

タイムチャートは以下のようになります。

10_タイムチャート

仮に、出力リレーR500がON中、入力リレーR000がON→OFF→ONを繰り返したとしても、出力リレーR500は3秒間だけONします。

この出力条件がONする時間は設定値で指定します。↑のラダープログラムでは設定値を#300に指定しており、単位が10ms(0.01秒)のため300 × 0.01(秒) = 3(秒)となります。

メモ
設定値に指定している#300は10進数の定数”300″を表しています。

先ほどのラダープログラムは、KV STUDIOの回路上でSHOT #300 R500と入力してEnterキーを押すと命令が挿入されます。

10_命令挿入

2.【例題①】ワンショット出力をする(出力リレー)

下記仕様のワンショット出力をするラダープログラム例について解説します。

仕様
入力リレーR000がONすると、出力リレーR500が3秒間ONする。
入力リレーR001がONすると、出力リレーR501が1秒間ONする。
いずれも、入力リレーがONし続けたとしても出力リレーの出力はワンショットとして、3秒or1秒後にOFFする。

このラダープログラムをワンショット命令を用いて作成します。

タイムチャート

タイムチャートは以下のようになります。

例題①_タイムチャート

入力リレーR000がONすると出力リレーR500が3秒間ONして、入力リレーR001がONすると出力リレーR501が1秒間ONします。

※2ヶの間に因果関係はありません。

ラダープログラム

ラダープログラムは以下のようになります。

例題①_ラダープログラム

入力リレーR000を入力条件とするSHOT命令で出力リレーR500を3秒間ONします。

入力リレーR001を入力条件とするSHOT命令で出力リレーR501を1秒間ONします。

シミュレータの動作

シミュレータを実行している様子は以下のようになります。

例題①_シミュレータ

各デバイスは、黄緑色に塗りつぶされるとONになっている状態です。

入力リレーR000がONすると、出力リレーR500が3秒間ONします。

入力リレーR001がONすると、出力リレーR501が1秒間ONします。

3.【例題②】 ワンショット出力をする(データメモリ)

下記仕様のワンショット出力をするラダープログラム例について解説します。

仕様
入力リレーR000がONすると、データメモリDM0の最下位ビットが2秒間ONする。
入力リレーがONし続けたとしてもデータメモリの出力はワンショットとして、2秒後にOFFする。

ワンショット命令の出力条件にデータメモリ等のワードデバイスを指定することにより、最下位ビットがワンショット出力の対象となります。

メモ
データメモリ等のワードデバイスの最下位ビットは0ビット目や、***.0と表現することがあります。(***はデバイス番号が入ります)

タイムチャート

タイムチャートは以下のようになります。

例題②_タイムチャート

考え方は【例題①】と変わりません。入力リレーR000がONするとデータメモリDM0の最下位ビットが2秒間ONします。

ラダープログラム

ラダープログラムは以下のようになります。

例題②_ラダープログラム

入力リレーR000を入力条件とするSHOT命令でデータメモリDM0の最下位ビットを2秒間ONします。

ワンショット命令の出力条件にデータメモリを指定することで、最下位ビットがワンショット出力されます。 ※DM0.0と入力する必要はありません。

シミュレータの動作

シミュレータを実行している様子は以下のようになります。

例題②_シミュレータ

各デバイスは、黄緑色に塗りつぶされるとONになっている状態です。

入力リレーR000がONすると、データメモリDM0の0ビット目が2秒間ONします。

データメモリDM0の0ビット目がONすることで、DM0の値は”1”となります。(10進数の1)

4. おわりに

キーエンスKVシリーズにおけるワンショット命令について解説しました。

私が経験した他社のPLCでは、ワンショット命令に相当するものがなく、タイマとパルスでワンショット出力を作っていました。

さすがはキーエンス…痒い所に手が届く印象を受けました。

以下の参考書はラダープログラムの色々な「定石」が記載されており、実務で使用できるノウハウが多く解説されています。私がラダープログラムの参考書として自信をもってオススメできるものです。

ただし、ラダープログラムやPLCといった電気・制御設計は参考書やWebサイトのみでの学習には必ずどこかで限界が来ます。

各メーカが販売しているPLCやプログラム作成のアプリケーションを揃えるには安くても十万円以上の大きな費用が掛かり、独学は現実的ではありません。

ラダープログラムの一番現実的な学習方法は「実務で経験を積む」ことです。電気・制御設計者はこれから更に必要な人材になり続けますので、思い切って転職する選択肢もあります。

DODA』といった大手求人(転職)サイトには電気・制御設計の求人が数多く紹介されています。※登録は無料です。

「スキルこそ今後のキャリアを安定させる最も大切な材料」と考える私にとって電気・制御設計はとても良い職業だと思います。キャリアの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です