【キーエンスKV】アップダウンタイマ(UDT)命令の指令方法とラダープログラム例

00_【キーエンスKV】アップダウンタイマ(UDT)命令の指令方法とラダープログラム例

キーエンスKVシリーズにおける「アップダウンタイマ」命令とは、タイマの現在値を加減算するラダープログラム命令です。

タイマは「スイッチを押している時間」や「センサがワークを検出している時間」といったデバイスがONする時間を測定する用途で広く使用されます。

アップダウンタイマ命令では、アップ入力とダウン入力を用いてタイマの現在値を自由に加減算することができます。

この記事では、キーエンスKVシリーズにおけるアップダウンタイマ命令の指令方法とラダープログラム例について解説します。

注意
この記事中のラダープログラムはKV STUDIO Ver.11で作成しており、対応機種はKV-N24に設定してあります。
メモ
アップダウンカウンタ命令はKV-8000・KV-7500/7300・KV-5500/5000/3000・KV-1000・KV-nanoシリーズで使用可能です。※2020年10月現在

キーエンスKVシリーズには、実行条件がONしている間、減算のみを行うタイマ命令が用意されています。以下のページで解説しておりますので、宜しければご覧ください。

00_【キーエンスKV】タイマ(TMR・TMH・TMS)命令の指令方法とラダープログラム例【キーエンスKV】タイマ(TMR・TMH・TMS)命令の指令方法とラダープログラム例

1. アップダウンタイマ命令の指令方法

アップダウンタイマ命令には、1種類の指令方法があります。

  • UDT:アップダウンタイマ

UDTはアップダウンタイマ(up down timer)の略です。

メモ
アップダウンタイマ命令に微分実行型はありません。また、扱うデータの型を指定する「サフィックス」に対応した命令ではありません。

UDT:アップダウンタイマ命令

アップダウンタイマ命令は”UDT”と指令します。

こちらがアップダウンタイマ命令を使用したラダープログラム例です。

10_UDT命令

アップダウンタイマ命令は、アップ入力がONしている間タイマの現在値が10ms(0.01秒)毎に+1して、ダウン入力がONしている間タイマの現在値が10ms(0.01秒)毎に-1します。

アップ入力がONの状態で現在値が設定値と同じになるとタイマがONします。また、ダウン入力がONの状態で現在値が”0”になってもタイマはONします。

↑のラダープログラムは『アップ入力がR0』『ダウン入力がR1』『設定値が#300』となります。アップダウンタイマ命令の動作単位は10ms(0.01秒)であるため、#300は3秒の意味になります。(0.01秒×300=3秒)


↑のラダープログラムの場合、R0がONしている間タイマT0が加算され、R1がONしている間タイマT0が減算されます。

10_命令解説1

タイマT0がONする条件は以下の2パターンです。

  • R0がONしている状態でT0の現在値が”300”になったとき
  • R1がONしている状態でT0の現在値が”0”になったとき

以下は↑のラダープログラムのシミュレータを実行している様子です。

10_命令解説2

ラダープログラム4行目のタイマT0の接点が黄緑色になると、タイマT0がONしている状態となります。

タイマT0は「R0がONしている状態でT0の現在値が”300”になったとき」と「R1がONしている状態でT0の現在値が”0”になったとき」にONします。

その後、R0またはR1がOFFするとタイマT0はOFFになります。


アップ入力、またはダウン入力がOFFした場合、タイマはOFFした時点の値を保持します。(”0”に戻りません。)

タイマの現在値はリセット入力をONすることで”0”にリセットされます。

10_命令解説3

アップダウンタイマ命令をKV STUDIOの回路上に挿入するには「UDT タイマ番号 設定値」と回路上で入力します。

先ほどのラダープログラムは、KV STUDIOの回路上でUDT 0 #300と入力してEnterキーを押すと命令が挿入されます。 (小文字でもOKです。)

10_命令挿入

2.【例題】アップダウンタイマ命令

下記仕様のラダープログラムをアップダウンタイマ(UDT)命令を用いて作成します。

仕様
アップダウンタイマ命令を用いて、
スイッチ(R000)を3秒間押すと、ランプ(R500)が点灯する。(アップ入力)
スイッチ(R001)を3秒間押すと、ランプ(R500)が点灯する。(ダウン入力)
ランプはスイッチを離すと消灯する。
各々のスイッチを押している時間は「スイッチをOFF」「PLCの電源OFF」ではリセットされずに保持する。
スイッチを押している時間はスイッチ(R002)が押されたときのみリセットされる。

これはアップダウンタイマ命令の特性を記載した仕様になります。(少々ややこしいですが…)

アップダウンタイマ命令で使用したタイマの現在値は、PLCの電源がOFFしても”0”にリセットされません。

注意
KV-Nanoシリーズの場合、タイマ番号を0~9に指定したときのみ、PLC電源OFFでも現在値が保持されます。

タッチパネルの動作イメージ

タッチパネルの動作イメージは以下のようになります。

例題_タッチパネル

スイッチ(R000)と(R001)が押されている時間はタイマT0で測定します。T0の現在値はタッチパネル右上に表示してあります。

スイッチ(R000)を押すと、タイマT0の現在値が0.01秒毎に加算されます。逆にスイッチ(R001)を押すと、T0の現在値が0.01秒毎に減算されます。

タイマT0が設定値である”300”、または”0”になるとランプ(R500)が点灯します。(スイッチON時のみ)

スイッチ(R002)を押すと、タイマT0の現在値は”0”にリセットされます。

ラダープログラム

ラダープログラムは以下のようになります。

例題_ラダープログラム

『アップ入力をR000』『ダウン入力をR001』『リセット入力をR002』とするアップダウンタイマ命令を使用します。

タイマT0のa接点を実行条件として出力リレーR500をON/OFFすることで、タイマT0と同じタイミングでランプ(R500)を点灯させています。

3. おわりに

キーエンスKVシリーズにおけるアップダウンタイマ(UDT)命令について解説しました。

以下の参考書はラダープログラムの色々な「定石」が記載されており、実務で使用できるノウハウが多く解説されています。私がラダープログラムの参考書として自信をもってオススメできるものです。

ただし、ラダープログラムやPLCといった電気・制御設計は参考書やWebサイトのみでの学習には必ずどこかで限界が来ます。

各メーカが販売しているPLCやプログラム作成のアプリケーションを揃えるには安くても十万円以上の大きな費用が掛かり、独学は現実的ではありません。

ラダープログラムの一番現実的な学習方法は「実務で経験を積む」ことです。電気・制御設計者はこれから更に必要な人材になり続けますので、思い切って転職する選択肢もあります。

DODA』といった大手求人(転職)サイトには電気・制御設計の求人が数多く紹介されています。※登録は無料です。

「スキルこそ今後のキャリアを安定させる最も大切な材料」と考える私にとって電気・制御設計はとても良い職業だと思います。キャリアの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です