【キーエンスKV】文字列転送(SMOV)命令の指令方法とラダープログラム例

【キーエンスKV】文字列転送SMOV命令の指令方法とラダープログラム例

キーエンスKVシリーズにおける「文字列転送」命令とは、文字列を指定したデバイスに格納するラダープログラム命令です。

文字列転送命令を用いることにより「表示器に任意の文字列をラダープログラムから表示させる回路」や「外部機器に出力する文字列をデバイスに格納する回路」を作ることができます。

この記事では、キーエンスKVシリーズにおける文字列転送命令の指令方法ラダープログラム例について解説します。

注意
この記事中のラダープログラムはKV STUDIO Ver.11で作成しており、対応機種はKV-N24に設定してあります。
メモ
文字列転送(SMOV)命令はKV-8000・KV-7500/7300・KV-5500/5000/3000・KV-1000・KV-nanoシリーズで使用可能です。※2024年6月現在

1.文字列転送命令の指令方法

文字列転送命令には2種類の命令方法があります。

SMOV:毎スキャン実行型
@SMOV:微分実行型(パルス実行型)
メモ
毎スキャン実行型とは、実行条件がONしている間、その命令を毎スキャン実行するものです。対して微分実行形(パルス実行型)とは、実行条件がOFF→ONになったときの1スキャンのみ実行するものです。

SMOV:毎スキャン実行型の文字列転送命令

毎スキャン実行型の文字列転送命令は”SMOV”と指令します。

↓が毎スキャン実行型の文字列転送(SMOV)命令です。

10_SMOV命令

↓命令部分を拡大

10_命令拡大

このラダープログラムでは、実行条件である入力リレーR000がONしている間、データメモリDM0を先頭に文字列”ABCD”を格納します。

メモ
文字列の定数を指定する場合、文字列を””で囲います。

↓が上記ラダープログラムを実行した時のDM0以降のデバイス値です。

10_命令イメージ

文字列転送命令で定数を指定する場合、半角文字はASCIIコード(1バイト)、全角文字は「プロジェクト言語設定」で指定した言語またはシフトJISコード(2バイト)になります。

メモ
全角文字は、KV-8000/7000シリーズは「プロジェクト言語設定」で指定した言語、KV-5500/5000/3000・KV-1000・KV-nanoシリーズはシフトJISコード(2バイト)になります。

ASCII(American Standard Code for Information Interchange)コードとは、数値・アルファベット・記号などを7ビットで表現した文字コードの一つです。7ビットは「10進数では0~127」「16進数では0x00~0x7F」の128ヶで表されます。ASCIIコード一覧表は以下のページで解説しております。

【情報基礎】アスキーコード一覧表【情報基礎】ASCII(アスキー)コード 一覧表

文字列の最後にはNUL(00H)が格納されます。↑のラダープログラムでは、データメモリDM0~DM2に文字列を格納されるため、他の用途では使用できなくなります。

注意
文字列転送命令で扱える文字列は1バイト文字で最大1999文字になります。

@SMOV:微分実行型(パルス実行型)の文字列転送命令

命令の頭文字に@を付けることで、実行条件がOFF→ONになったときの1スキャンしか実行されない微分実行型(パルス実行型)となります。

↓が微分実行型(パルス実行型)の文字列転送(@SMOV)命令です。

11_@SMOV命令

↓命令部分を拡大

11_命令拡大

微分実行型(パルス実行型)の場合、命令文の左側に上向きの矢印が表示されます。

このラダープログラムは、実行条件である入力リレーR000がOFF→ONになった瞬間に、データメモリDM0を先頭に文字列”ABCD”を格納します。

このように、微分実行型(パルス実行型)の場合は実行条件がOFF→ONになった瞬間の1スキャンしか命令が実行されません。

KV STUDIOにおける命令挿入の方法

文字列転送命令をKV STUDIOの回路上に挿入するには「命令文 転送元 転送先」と回路上で入力します。

先ほどの毎スキャン実行型の文字列転送(SMOV)命令を挿入する場合、KV STUDIOの回路上でSMOV “ABCD” DM0と入力してEnterキーを押します。

20_命令挿入

2.【例題】文字列の定数を格納・DM間の格納

下記仕様のラダープログラムを文字列転送命令を用いて解説します。

仕様
スイッチ(R000)を押すと、データメモリDM0~に文字列ABCDを格納する。
スイッチ(R001)を押すと、データメモリDM0~の文字列をDM10~に転送する。
スイッチ(R002)を押すと、データメモリDM0~DM19(20点)に定数”0”を転送する。(クリアする)

「スイッチ(R000)を押したときのDM0~に文字列ABCDを格納」「スイッチ(R001)を押したときのDM0~をDM10~に転送」は文字列転送命令を使用します。

「スイッチ(R002)を押したときのDM0~DM19に定数0を転送」は一括転送命令を使用します。一括転送(FMOV)命令については以下のページで解説しております。

00_【キーエンスKV】一括転送(FMOV)命令の指令方法とラダープログラム例【キーエンスKV】一括転送(FMOV)命令の指令方法とラダープログラム例

タッチパネルの動作イメージ

タッチパネルの動作イメージは以下のようになります。

例題①_タッチパネル

スイッチ(R000)を押すと、データメモリDM0~に文字列ABCDを格納します。スイッチ(R001)を押すと、データメモリDM0~の文字列をDM10~に転送します。

スイッチ(R002)を押すと、データメモリDM0~DM19(20点)に定数”0”を転送します。

タッチパネルでDM0、DM10は8桁の文字表示にしてあります。

ラダープログラム

ラダープログラムは以下のようになります。

例題①_ラダープログラム

スイッチ(R000)を押すと、文字列転送(SMOV)命令によりデータメモリDM0を先頭に文字列”ABCD”を格納します。文字列の最後にはNUL(00H)が格納されるため、DM0~DM2(3ワード)が文字列として占有されます。

スイッチ(R001)を押すと、データメモリDM0~の文字列をDM10~に転送します。

例題_解説

スイッチ(R002)を押すと、一括転送(FMOV)命令によりデータメモリDM0~DM19(20点)に定数”0”を一括で転送します。

3. おわりに

キーエンスKVシリーズにおける文字列転送(SMOV)命令について解説しました。

ラダープログラムにおける文字列は、外部機器とPLCを通信する場合にデータの授受で頻繁に使用されます。文字列転送命令は文字列を扱う上で頻繁に使用される命令になります。

以下の参考書はラダープログラムの色々な「定石」が記載されており、実務で使用できるノウハウが多く解説されています。私がラダープログラムの参考書として自信をもってオススメできるものです。

ただし、ラダープログラムやPLCといった電気・制御設計は参考書やWebサイトのみでの学習には必ずどこかで限界が来ます。

各メーカが販売しているPLCやプログラム作成のアプリケーションを揃えるには安くても十万円以上の大きな費用が掛かり、独学は現実的ではありません。

ラダープログラムの一番現実的な学習方法は「実務で経験を積む」ことです。電気・制御設計者はこれから更に必要な人材になり続けますので、思い切って転職する選択肢もあります。

doda』といった大手求人(転職)サイトには電気・制御設計の求人が数多く紹介されています。※登録は無料です。

「スキルこそ今後のキャリアを安定させる最も大切な材料」と考える私にとって電気・制御設計はとても良い職業だと思います。キャリアの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です