【三菱Qシリーズ】ラダープログラムを分割する方法

00_【三菱Qシリーズ】ラダープログラムを分割する方法

三菱電機製シーケンサQシリーズでは、ラダープログラムを複数に分割することができます。

分割することにより、工程や制御内容ごとに管理することが可能になります。

GX Works2でラダープログラムを分割させるには、”プログラムの新規作成”と”PCパラメータの設定”が必要になります。

この記事では、それぞれの手順を解説します。

この記事中のPLCは三菱電機製シーケンサ:Q03UDECPUを使用しています。また、GX Works2はバージョン1.580Eを使用しています。

1. ラダープログラムの分割とは?

ラダープログラムを分割することにより、1本の長い巻物のようなラダープログラムを工程や制御内容ごとに分割することができます。

分割されたラダープログラムは”マルチプログラム”と呼ばれることがあります。

これらのプログラムはそれぞれ”実行タイプ”を設定することができます。実行タイプについては後ほど解説します。

ラダープログラムを分割すると、一覧がナビゲーションウィンドウに表示されます。

この場合、ラダープログラムの”MAIN”・”INT”・”ALM”が作成されています。


2. プログラムの新規作成

プログラムを新規で作成する手順を解説します。

今回は、上記と同じ”MAIN”・”INT”・”ALM”の3つのラダープログラムに分割します。”MAIN”はデフォルトで作られているので、”INT”と”ALM”を新規で作成します。

【作成手順】
1.GX Works2のナビゲーションウィンドウのプログラム部品 → プログラム → データ新規作成(A)…をクリックします。

2.データ新規作成のウィンドウが表示されるので、下記設定をしてOKをクリックします。

  • データ型(D):プログラム
  • データ名(N):INT
  • プログラム言語(L):ラダー

3.プログラムに”INT”が追加されました。

注意
これだけでは、”INT”は実行されません。次項で解説するPCパラメータの設定を行う必要があります。

4. 同じようにALMを追加します。


3. PCパラメータの設定

プログラムを新規作成した後に、PCパラメータから”実行タイプ”を設定する必要があります。今回は下記のように設定します。

  • MAIN:スキャン
  • INT:初期
  • ALM:スキャン

それぞれの意味は次項で解説します。

【作成手順】
1.ナビゲーションウィンドウのパラメータ → PCパラメータをダブルクリックします。

2.Qパラメータ設定のウィンドウが表示されるので、タブのプログラム設定をクリックします。

3.左側から追加するプログラムをクリックして、挿入をクリックします。

4.MAINが設定されました。

5.同様にINTとALMを追加します。INTの実行タイプは初期なので、プルダウンから初期を選択します。

6.プログラムの順序を入替る場合は”プログラム順序入替”で行います。

7.設定が完了したら、設定終了をクリックします。

以上でPCパラメータの設定は終了です。お疲れ様でした!


4. 実行タイプ

前項で設定したPCパラメータの実行タイプは、各プログラムが実行するタイミングを設定していました。

実行タイプには下記の4種類があります。

【初期】
電源OFF→ON、またはSTOP→RUNになった後の1回のみ実行されます。

【スキャン】
初期が実行された後、1スキャンに1回実行されます。

【待機】
実行要求(サブルーチンコールなど)があった場合のみ実行されます。

【定周期】
設定した時間ごとに実行されます。

メモ
実行タイプは気にせずに常に実行させておきたいプログラムは”スキャン”を選択してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です