【印字機】マークチューブを印字する方法(キヤノン:Mk2600)

00_【印字機】マークチューブを印字する方法(キヤノン:Mk2600)

マークチューブとは、制御盤や分電盤の配線作業などで使用する文字や記号が印字されたチューブです。マークチューブには「配線ミスの予防」や「保守作業を容易にする」といった役割があります。

配線作業や保守を行う上で、ケーブルは印字された文字や記号が頼りとなるため、マークチューブはとても重要な役割を果たします。

01_マークチューブ

マークチューブは、専用の印字機で文字や記号を印字します。

メモ
印字機は、「ケーブルIDプリンター」や「チューブマーカー」とも呼ばれています。

この記事では、キヤノン製のケーブルIDプリンター:Mk2600を用いてマークチューブを印字する方法を解説します。

1. 使用する機器・チューブ

今回使用する機器は以下の通りです。

ケーブルIDプリンター:Mk2600

Mk2600は以下のような特徴があります。※私も使用しているおススメの印字機です。

Mk2600の特徴
  • 幅250mm×奥行300mm×高さ85mmのコンパクトサイズ
  • 高速印字にすれば最大42本/分とハイスピード
  • チューブ・ラベルテープ・ラップアラウンドテープ等の媒体に対応
  • USBでPCと接続可能(CSVで入力可能)

ビニールチューブ:UT-N3.2W

11_UT-N3.2W

今回はチューブ内径がφ3.2mmのビニールチューブ:UT-N3.2Wに印字を行います

2. 事前の準備

マークチューブを印字する前に以下の作業を行います。

カセットをセットする

リボンカセットとチューブアタッチメントをセットします。

20_リボンカセットとチューブアタッチメント
メモ
Mk2600には本記事内で使用するリボンカセットとチューブアタッチメントが付属されています。

リボンカセットにあるリボンの”たるみ”を取る必要があります。

リボンカセットを取り外し、カセットのつまみに指を突っ込んで回します。

21_リボンのたるみ

この時、リボンカセット側面のICチップには触らないでください。情報が正しく読み取れなく恐れがあります。

22_リボンカセットIC

たるみが取れたら、リボンカセットを本体にセットします。

チューブをセットする

注意
Mk2600にはマークチューブ(ビニールチューブ)は付属されていませんので、別途購入する必要があります。

Mk2600に使用できるチューブは内径φ2.5~6.5mmのものです。今回は上記で解説したビニールチューブ:UT-N3.2Wをセットします。

カバーを開けて右側面からチューブを挿入します。

23_チューブ挿入

チューブは搬送ローラー2に突き当たるまで押し込みます。

24_搬送ローラー2

この時、チューブの”反り”は↓のような向きで挿入してください。向きが違うとチューブが詰まる恐れがあります。

25_チューブの反り

電源スイッチをONにする

本体カバーを閉じて、左側面の電源スイッチをONします。

26_電源スイッチON

これで事前の準備が完了しました。

3. マークチューブ印字手順

それではマークチューブを印字します。今回は例として「200V」「PLC」「端子台」を各2ヶずつ作成します。

印字する文字を入力する

電源がONしたら、マークチューブに印字する文字を入力します。

[英数/ローマ字/ひらがな]を押して文字入力モードを英数にします。

30_文字入力モード英数

「200V」と入力して[Enter]を押します。

31_200V
[Enter]を押すと2ページ目に移行します。そのまま「PLC」と入力して[Enter]を押します。

32_PLC
[英数/ローマ字/ひらがな]を押して文字入力モードをローマ字にします。その後、「端子台」と入力して[Enter]を押します。

33_端子台

4ページ目に移行されました。

34_4メージ目

印刷する

文字入力が終わったら[印刷]を押します。

印字する媒体を選択します。今回はチューブを選択して[Enter]を押します。

35_印刷1

チューブサイズ(内径)を選択します。今回はφ3.0mmを選択して[Enter]を押します。

36_印刷2

印刷する本数を設定します。今回は各マークチューブを2ヶずつ印字するので”印刷本数に2”と入力します。

37_印刷3
[Enter]を押すと印刷がスタートします。

38_印刷する様子

マークチューブが完成しました!

39_完成マークチューブ

4. おわりに

キヤノン製のケーブルIDプリンター:Mk2600を用いてマークチューブを印字する方法を解説しました。

今回はマークチューブの印字方法の基本中の基本部分だけを解説したのみになります。これから色々な機能を別記事で解説していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です