【ノウハウ初級】積算タイマ回路のラダープログラム例【三菱FX】

00_【ノウハウ初級】積算タイマ回路のラダープログラム例【三菱FX】

三菱電機製シーケンサFXシリーズにおける積算タイマとは、入力条件がOFFしてもタイマの現在値が”0”に戻らないタイマです。

この入力条件をOFFしてもタイマの現在値が”0”にならない性質を利用して、スイッチやランプ等がONしている時間を累積でカウントすることができます。

この記事では、三菱電機製シーケンサFXシリーズで作成する積算タイマを用いたラダープログラム例を2ヶ解説します。

注意
この記事中の三菱FXシリーズは、PCタイプがFX3S・FX3G・FX3GC・FX3U・FX3UCのPLC(シーケンサ)を指します。

1.【例題①】積算タイマ(リセット釦あり)

下記仕様の積算タイマのラダープログラムを解説します。今回はPCタイプがFX3GのPLC(シーケンサ)を使用します。

仕様
スイッチ(X0)を押すと、5秒後にランプ(Y0)が点灯する。
スイッチを5秒に満たない状態で離しても、タイマの現在値は累積される。
その後、スイッチ(X1)を押すとランプ(Y0)は消灯してタイマの現在値はリセットされる。

タイマの現在値は、入力条件であるスイッチ(X0)がOFFしても累積するため、積算タイマを使用します。

FX3Gシーケンサの場合、使用できるタイマの番号は以下のようになります。

T0~T199:100ms形
T200~T245:10ms形
T246~T249:1ms積算形
T250~T255:100ms積算形
T256~T319:1ms形

積算タイマは『1ms積算形』と『100ms積算形』がありますが、今回は『100ms積算形』を使用します。

三菱FXシリーズの場合、使用できる積算タイマのデバイス番号はPCタイプによって大きく相違があります。詳細は以下のページで解説しておりますので、宜しければご覧ください。

00_【三菱FXシリーズ】タイマ(T)の使用方法とラダープログラム例【三菱FXシリーズ】タイマ(T)の機能と動作例

タイムチャート

タイムチャートは以下のようになります。

例題①_タイムチャート

入力リレーX0が5秒間ONすると、出力リレーY0がONします。その後に入力リレーX1をONすることで出力リレーY0はOFFします。

入力リレーX0のONしている時間が5秒に満たない状態でOFFしても、累積で5秒間ONすると出力リレーY0はONします。

GOTの動作イメージ

GOTの動作イメージは以下のようになります。

メモ
GOT(グラフィックオペレーションターミナル)とは、三菱電機製タッチパネルのことで生産現場や工場設備で広く使用されている製品です。
ここでは「GOTはラダープログラムで使用されているデバイスのON/OFF状態や現在値をモニタしたり、変更することができるもの」程度の認識でOKです。
例題①_GOT

※使用していないデバイスがありますがご了承ください。

スイッチ(X0)を押すと、5秒後にランプ(Y0)が点灯します。スイッチを5秒に満たない状態で離したとしても、タイマの値は累積されます。

その後、ランプ(Y0)はスイッチ(X1)を押すことで消灯します。

ラダープログラム

ラダープログラムは以下のようになります。

例題①_ラダープログラム

入力リレーX0を入力条件とする、タイマT250を用意します。

PCタイプがFX3Gの場合、T250は『100ms積算形』タイマのため、設定値をK50と指定することでタイマの設定値は5秒となります。(50 × 100ms = 5000ms(5秒))

積算タイマの場合、入力条件がOFFしてもタイマの現在値は”0″に戻らずに保持します。

積算タイマの現在値を”0”に戻す場合、リセット(RST)命令を使用します。積算タイマの現在値がすでに設定値に到達している場合はa接点をOFFします。

2.【例題②】積算タイマ(自己リセット

下記仕様の積算タイマのラダープログラムを解説します。今回も【例題①】同様にFX3GのPLC(シーケンサ)を使用します。

仕様
スイッチ(X0)を押すと、5秒後にランプ(Y0)が点灯する。
スイッチを5秒に満たない状態で離しても、タイマの現在値は累積される。
その後「ランプ(Y0)が点灯している状態でスイッチ(X0)を離すと」ランプ(Y0)は消灯してタイマの現在値はリセットされる。

【例題①】では積算タイマの値をリセットするためにスイッチ(X1)を用意しましたが、今回はスイッチ(X0)を離すことでリセットをします。

タイムチャート

タイムチャートは以下のようになります。

例題②_タイムチャート

入力リレーX0が5秒間ONすると、出力リレーY0がONします。※ここは【例題①】と同じ。

その後「出力リレーY0がONしている状態で入力リレーX0をOFFすると」出力リレーY0はOFFしてタイマの値はリセットします。

出力リレーY0がOFFしている状態で、入力リレーX0をOFFしてもタイマの値はリセットされません。

GOTの動作イメージ

GOTの動作イメージは以下のようになります。

例題②_GOT

スイッチ(X0)を押すと、5秒後にランプ(Y0)が点灯します。スイッチを5秒に満たない状態で離したとしても、タイマの値は累積されます。

その後「ランプ(Y0)が点灯している状態でスイッチ(X0)を離すと」ランプ(Y0)は消灯してタイマの現在値はリセットされます。

ラダープログラム

ラダープログラムは以下のようになります。

例題②_ラダープログラム

【例題①】に対して、リセット(RST)命令の条件が異なります。(3行目)

リセット命令の条件は「Y0のa接点」と「X0のb接点」の直列にすることで、ランプ(Y0)が点灯している状態でスイッチ(X0)を離した場合にタイマT250がリセットされます。

3. おわりに

三菱電機製シーケンサFXシリーズで作成する積算タイマのラダープログラム例を解説しました。

デバイスがONしている時間を累積でカウントする場合、この記事で解説した積算タイマを用いる手法の他に、カウンタデータレジスタを用いた色々な手法があります。

以下の参考書はラダープログラムの色々な「定石」が記載されており、実務で使用できるノウハウが多く解説されています。私がラダープログラムの参考書として自信をもってオススメできるものです。

ただし、ラダープログラムやPLCといった電気・制御設計は参考書やWebサイトのみでの学習には必ずどこかで限界が来ます。

各メーカが販売しているPLCやプログラム作成のアプリケーションを揃えるには安くても十万円以上の大きな費用が掛かり、独学は現実的ではありません。

ラダープログラムの一番現実的な学習方法は「実務で経験を積む」ことです。電気・制御設計者はこれから更に必要な人材になり続けますので、思い切って転職する選択肢もあります。

DODA』といった大手求人(転職)サイトには電気・制御設計の求人が数多く紹介されています。※登録は無料です。

「スキルこそ今後のキャリアを安定させる最も大切な材料」と考える私にとって電気・制御設計はとても良い職業だと思います。キャリアの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です