【三菱FXシリーズ】時計データ読出し(TRD)命令の指令方法とラダープログラム例

00_【三菱FXシリーズ】時計データ読出し(TRD)命令の指令方法とラダープログラム例

三菱電機製シーケンサFXシリーズにおける「時計データ読出し」命令とは、シーケンサ内部にある現在の西暦・月・日・時・分・秒・曜日を数値として読出すラダープログラム命令です。

時計データ読出し命令を用いることにより、現在の時刻をデータレジスタ等のワードデバイスに格納してモニタすることができます。

この記事では、三菱電機製シーケンサFXシリーズにおける時計データ読出し命令の指令方法ラダープログラム例について解説します。

注意
この記事中のラダープログラムはGX Works2で作成しており、PCタイプはFX3G/FX3GCに設定してあります。

三菱電機製シーケンサFXシリーズにおいて、時計データ読出し命令は以下のシーケンサ・バージョンで使用することが可能です。

FX3S:Ver1.00以降
FX3G:Ver1.00以降
FX3GC:Ver1.40以降
FX3U:Ver2.20以降
FX3UC:Ver1.00以降
注意
時計データはシーケンサ内部の大容量コンデンサに蓄積された電力により保持されています。大容量コンデンサの電圧が低下すると時計データは保持されなくなります。

1. 時計データ読出し命令の指令方法

時計データ読出し命令には、2種類の指令方法があります。

TRD:連続実行形
TRDP:パルス実行形

TRDとは、Time readの略です。

メモ
連続実行形は、入力条件がONしている間、毎スキャン実行される命令です。
パルス実行形は、入力条件がONしたときの1スキャンのみ実行される命令です。

TRD:連続実行形(基本の形)

連続実行形の時計データ読出し命令は”TRD”と指令します。

こちらがTRD命令を使用したラダープログラム例です。

10_TRD命令

このラダープログラムは、入力条件であるX0がONしている間、下記データレジスタに各時計データを転送します。

D0:年(西暦)
D1:月
D2:日
D3:時
D4:分
D5:秒
D6:曜日

↑ラダープログラムでX0をONしたとき、データレジスタの値は下記のようになります。※2019/4/12(金) 21:04に指令

10_デバイスモニタ

年(西暦)は下2桁が転送されます。例)2025年であれば25

曜日は日曜日”0″~土曜日”6″が転送されます。例)水曜日であれば3

TRDP:パルス実行形

パルス実行形の時計データ読出し命令は”TRDP”と指令します。

こちらがTRDP命令を使用したラダープログラム例です。

11_TRDP命令

連続実行形(TRD)命令との違いは、入力条件であるX0がOFF→ONになった瞬間に1回だけ時計データを読出すことです。

つまり、X0がONされ続けてもデータレジスタの値は更新されません。

2.【例題①】特定の曜日を判断する

下記仕様のラダープログラムを時計データ読出し命令を用いて解説します。

仕様
日曜日のみ、スイッチ(X0)を押すとランプ(Y0)が点灯する。
月曜日~土曜日にスイッチが押されてもランプは点灯しない。
常時ONする接点はM0を使用する。

時計データ読出し命令を用いて、シーケンサ内部から”曜日”の情報を読み出します。

ラダープログラム

ラダープログラムは以下のようになります。

例題①_ラダープログラム

補助リレーM8000は、三菱電機製シーケンサFXシリーズにおける「RUN中は常にONする」特殊なデバイスです。

M8000を入力条件とするTRD命令でD0を先頭とする時計データを読み出します。”曜日”の情報はD6に格納され、日曜日の場合は”0”になります。

D6が”0”の場合に日曜日と判断するため、接点形比較命令(LD=)を使用します。

「D6のデバイス値が”0”」かつ「X0がON」の場合、出力リレーY0がONします。

接点形比較命令の使用方法については以下のページで解説しておりますので、宜しければご覧ください。

00_【三菱FXシリーズ】接点形比較命令の指令方法とラダープログラム例【三菱FXシリーズ】接点形比較命令の指令方法とラダープログラム例

3.【例題②】時計データを別のデバイスに転送する

下記仕様のラダープログラムを時計データ読出し命令を用いて解説します。

仕様
スイッチ(X0)が押されるたび、D0~D6に各時計データを転送する。
その際、D5(秒)のデータをD15にも転送する。

【例題①】と同様に時計データ読出し命令を用いてD0を先頭に時計データを読み出します。

ラダープログラム

ラダープログラムは以下のようになります。

例題②_ラダープログラム

X0がONすると、TRDP命令によりD0~D6に各時刻データが転送されます。TRDP命令はパルス実行形のため、1スキャンしか実行されません。X0がONし続けたとしてもD0~D6にはX0がONした瞬間のデータが保持されます。

M8000を入力条件とする転送(MOV)命令によりD5の値をD15に転送します。

転送命令の使用方法については以下のページで解説しておりますので、宜しければご覧ください。

00_【三菱FXシリーズ】転送(MOV)命令の指令方法とラダープログラム例【三菱FXシリーズ】転送(MOV)命令の指令方法とラダープログラム例

4. おわりに

三菱電機製シーケンサFXシリーズにおける時計データ読出し命令について解説しました。

私はこの命令を「機械の状態をロギングする」場合に使用します。

以下の参考書はラダープログラムの色々な「定石」が記載されており、実務で使用できるノウハウが多く解説されています。私がラダープログラムの参考書として自信をもってオススメできるものです。

ただし、ラダープログラムやPLCといった電気・制御設計は参考書やWebサイトのみでの学習には必ずどこかで限界が来ます。

各メーカが販売しているPLCやプログラム作成のアプリケーションを揃えるには安くても十万円以上の大きな費用が掛かり、独学は現実的ではありません。

ラダープログラムの一番現実的な学習方法は「実務で経験を積む」ことです。電気・制御設計者はこれから更に必要な人材になり続けますので、思い切って転職する選択肢もあります。

DODA』といった大手求人(転職)サイトには電気・制御設計の求人が数多く紹介されています。※登録は無料です。

「スキルこそ今後のキャリアを安定させる最も大切な材料」と考える私にとって電気・制御設計はとても良い職業だと思います。キャリアの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です