【オムロンCJ】立下り微分(DIFD)命令の指令方法とラダープログラム例

00_【オムロンCJ】立下り微分DIFD命令の指令方法とラダープログラム例

オムロンCJシリーズにおける「立下り微分」命令とは、入力条件が立下り(ON→OFF)になったとき、指定したリレーを1サイクルだけONさせるラダープログラム命令です。

立上り微分命令は「スイッチを押して離した瞬間からランプを点灯させる」等、入力条件がOFF→ONになったときを検出する場合によく使用されます。

立下り微分命令は、別名ディフダウン命令や立下りパルス命令と呼ばれることがあります。

この記事では、オムロンCJシリーズにおける立下り微分命令の指令方法ラダープログラム例について解説します。

注意
この記事のラダープログラムはCX-Programmer Ver. 9.63で作成しており、PLC機種はCJ2Mに設定してあります。
注意
オムロンCJシリーズにおいて立下り微分命令は、CJ2H-CPU6□-EIP、CJ2H-CPU6□、CJ2M-CPU□□、CJ1□-CPU□□□-□で使用可能です。その他の機種についてはマニュアルを参照してください。

オムロンCJシリーズでは、対となる立上り微分(DIFU)命令が用意されています。立上り微分(DIFU)命令については以下のページで解説しております。

00_【オムロンCJ】立上り微分DIFU命令の指令方法とラダープログラム例【オムロンCJ】立上り微分(DIFU)命令の指令方法とラダープログラム例

1. 立下り微分命令の指令方法

立下り微分命令には、動作オプションを含めると2種類の指令方法があります。

命令文内容動作オプション
DIFD立下り微分命令
!DIFD立下り微分命令都度リフレッシュ

DIFDは、微分(differential)とダウン(down)の略です。(だと思います。)

メモ
都度リフレッシュの動作オプションとは都度リフレッシュオプションと呼ばれ、命令内で指定された入出力エリアのデータを、命令実行時にI/Oリフレッシュするものです。

DIFD:立下り微分命令(動作オプション無し)

立下り微分命令(動作オプション無し)は”DIFD”と指令します。

こちらがDIFD命令を使用したラダープログラム例です。

10_DIFD命令

このラダープログラムは、入力条件である0.00がON→OFFになったとき、1.00が1サイクルだけONします。1サイクル後、本命令実行時に1.00はOFFします。

タイムチャートは以下のようになります。

10_タイムチャート

入力条件である0.00がOFF→ONになると、1サイクルだけ1.00がONします。↑のタイムチャートは1マスを1スキャンとしています。

この時、入力条件がONしている時間は関係ありません。入力条件がON→OFFになった1サイクルのみ指定したリレーがONします。


先ほどのラダープログラムはCX-Programmerの回路上で DIFD 1.00 と入力してEnterキーを押すと命令が挿入されます。 ※スマートインプットモードの場合

10_命令挿入

!DIFD:立下り微分命令(都度リフレッシュオプション)

立下り微分命令(都度リフレッシュオプション)は”!DIFD”と指令します。

こちらが!DIFD命令を使用したラダープログラム例です。

11_!DIFD命令

都度リフレッシュオプションの立下り微分(!DIFD)命令は「ONするリレー(↑だと1.00)に出力リレーエリアを割付けることにより、ONするリレーを命令実行後にOUTリフレッシュする」ことができます。

動作オプション無しの立下り微分(!DIFD)命令と同様、1サイクルのみONします。

ラダープログラムのサイクル途中でOUTリフレッシュを行う必要が無い場合、都度リフレッシュオプションを使用する必要はありません。

2.【例題①】立下り微分の自己保持回路

下記仕様のラダープログラムを立下り微分命令を用いて解説します。

仕様
スイッチ(0.00)を押して放すと、ランプ(1.00)が点灯し続ける。(自己保持)
スイッチ(0.01)を押して放すと、ランプ(1.00)が消灯する。

スイッチを「押して放す」ときにONするリレーを立下り微分(DIFD)命令を用いて作成します。

タイムチャート

タイムチャートは以下のようになります。

例題①_タイムチャート

0.00がON→OFFすると1.00がONし続け、0.01がON→OFFすると1.00がOFFします。

タッチパネルの動作イメージ

タッチパネルの動作イメージは以下のようになります。

例題①_タッチパネル

スイッチ(0.00)を押して放すとランプ(1.00)が点灯し続け、スイッチ(0.01)を押して放すとランプ(1.00)が消灯します。

ラダープログラム

ラダープログラムは以下のようになります。

例題①_ラダープログラム

スイッチ(0.00)を押して放すと、DIFD命令によりW0.00が1サイクルのみONします。(1行目)

スイッチ(0.01)を押して放すと、DIFD命令によりW0.01が1サイクルのみONします。(2行目)

メモ
オムロンCJシリーズにおける頭文字にWが付くリレーは「内部補助リレー」と呼ばれ、プログラム上でのみ使用できるリレーです。

W0.00がONすると、1.00がONして自己保持をします。1.00はW0.01がONすることで自己保持がOFFします。(3行目)

W0.00とW0.01はどちらも0.00・0.01がON→OFFになった瞬間の1サイクルしかONしません。

3.【例題②】ON条件が論理積(AND)の立下り微分

下記仕様のラダープログラムを立下り微分(DIFD)命令を用いて解説します。

仕様
スイッチ(0.00)と(0.01)を押して放した瞬間(※)に、ランプ(1.00)が点灯し続ける。(自己保持)
スイッチ(0.02)を押すと、ランプ(1.00)は消灯する。
※)ここでは、スイッチ(0.00)と(0.01)が双方押された状態で、どちらか一方を放した状態を指します。

スイッチ(0.00)と(0.01)が双方ONした状態で、どちらか一方を放したときにONするリレーを立下り微分(DIFD)命令を用いて作成します。

【例題①】ではランプ(1.00)を消灯する条件はスイッチ(0.01)の立下り微分でしたが、今回はスイッチ(0.02)になります。(立下り微分にする必要はありません。)

タイムチャート

タイムチャートは以下のようになります。

例題②_ラダープログラム

0.00と0.01が双方ONした状態からどちらか一方がOFFすると、1.00がONし続けます。

その後、0.02がONすると1.00はOFFします。

タッチパネルの動作イメージ

タッチパネルの動作イメージは以下のようになります。

例題②_タッチパネル

スイッチ(0.00)と(0.01)が双方押された状態からどちらか一方を放すと、ランプ(1.00)が点灯し続けます。

その後、スイッチ(0.02)を押すとランプ(1.00)は消灯します。

ラダープログラム

ラダープログラムは以下のようになります。

例題②_ラダープログラム

0.00と0.01の直列a接点を入力条件とするDIFD命令で、スイッチ(0.00)と(0.01)が双方押された状態から、どちらか一方を放した瞬間にONする内部補助リレーW0.00を作成します。

W0.00を1.00の自己保持回路のON条件にすることで、ランプ(1.00)の点灯条件にしています。

4. おわりに

オムロンCJシリーズにおける立下り微分命令について解説しました。

以下の参考書はラダープログラムの色々な「定石」が記載されており、実務で使用できるノウハウが多く解説されています。私がラダープログラムの参考書として自信をもってオススメできるものです。

ただし、ラダープログラムやPLCといった電気・制御設計は参考書やWebサイトのみでの学習には必ずどこかで限界が来ます。

各メーカが販売しているPLCやプログラム作成のアプリケーションを揃えるには安くても十万円以上の大きな費用が掛かり、独学は現実的ではありません。

ラダープログラムの一番現実的な学習方法は「実務で経験を積む」ことです。電気・制御設計者はこれから更に必要な人材になり続けますので、思い切って転職する選択肢もあります。

DODA』といった大手求人(転職)サイトには電気・制御設計の求人が数多く紹介されています。※登録は無料です。

「スキルこそ今後のキャリアを安定させる最も大切な材料」と考える私にとって電気・制御設計はとても良い職業だと思います。キャリアの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です