【ラダープログラム回路】XOR(排他的論理和)回路のラダープログラム例【三菱FX】

00_【ラダープログラム回路】XOR(排他的論理和)回路のラダープログラム例【三菱FX】

XOR回路とは、入力条件のどちらか一方がONすると出力条件がONする回路です。言い換えると、入力条件の状態が不一致の場合に出力条件がONする回路です。※入力条件が2ヶの場合。

XOR回路は、排他的論理和回路とも呼ばれています。

この記事では、三菱電機製シーケンサFXシリーズで作成するXOR(排他的論理和)回路のラダープログラム例を2ヶ解説します。

注意
この記事中のラダープログラムはGX Works2で作成しており、PCタイプはFX3G/FX3GCに設定してあります。

キーエンスKVシリーズで作成するXOR(排他的論理和)回路のラダープログラムについては以下のページで解説しております。

00_【ラダープログラム回路】XOR(排他的論理和)回路のラダープログラム例【キーエンスKV】【ラダープログラム回路】XOR(排他的論理和)回路のラダープログラム例【キーエンスKV】

1.【例題①】入力条件2ヶのXOR回路

下記仕様のラダープログラムを解説します。

仕様
スイッチ(X0)とスイッチ(X1)のどちらか一方が押されるとランプ(Y0)が点灯する。
スイッチがどちらも押されるとランプは消灯する。
スイッチは押すとON、ランプはONすると点灯するものとする。

スイッチのどちらか一方が押された場合にランプが点灯します。言い換えると、2ヶのスイッチの状態に不一致が生じた場合にランプが点灯します。

真理値表

真理値表は以下のようになります。

例題①_真理値表

この真理値表では「”1”がON」「”0”がOFF」を表しています。

入力条件のX0とX1のどちらか一方が”1”のとき、出力条件のY0が”1”になります。

タイムチャート

タイムチャートは以下のようになります。

例題①_タイムチャート

入力リレーX0とX1のどちらか一方がONのとき、出力リレーY0がONになります。

GOTの動作イメージ

GOTの動作イメージは以下のようになります。

メモ
GOT(グラフィックオペレーションターミナル)とは、三菱電機製タッチパネルのことで生産現場や工場設備で広く使用されている製品です。
ここでは「GOTはラダープログラムで使用されているデバイスのON/OFF状態や現在値をモニタしたり、変更することができるもの」程度の認識でOKです。
例題①_GOT

スイッチ(X0)とスイッチ(X1)のどちらか一方が押されると、ランプ(Y0)が点灯します。

ラダープログラム

ラダープログラムは以下のようになります。

例題①_ラダープログラム

真理値表から、Y0が”1”になる条件は以下の2ヶです。

  • X0が”0” かつ X1が”1”
  • X0が”1” かつ X1が”0”

ラダープログラムに置き換えると、以下のようになります。

  • X0の”b接点” かつ X1が”a接点”
  • X0が”a接点” かつ X1が”b接点”

この2ヶをY0の入力条件として並列で接続します。

2.【例題②】入力条件3ヶのXOR回路

下記仕様のラダープログラムを解説します。

仕様
スイッチ(X0)とスイッチ(X1)とスイッチ(X2)のXOR条件で、ランプ(Y0)を点灯させる。

入力条件が3ヶのXOR(排他的論理和)回路はあまり一般的では無いかもしれません。

真理値表

真理値表は以下のようになります。

例題②_真理値表

この真理値表では「”1”がON」「”0”がOFF」を表しています。

入力条件が3ヶのXOR(排他的論理和)は、入力条件で”1”のものが奇数個の場合に出力条件が”1”になります。

注意
入力条件が3ヶすべて”1”のとき、出力条件は”1”になります。

タイムチャート

タイムチャートは以下のようになります。

例題②_タイムチャート

入力リレーX0・X1・X2でONしている数が奇数個の場合に出力リレーY0がONします。タイムチャートにするとかえって見にくいですね…。

GOTの動作イメージ

GOTの動作イメージは以下のようになります。

例題②_GOT

なんとも掴みどころのない動作をしますが、スイッチが奇数個押されたときにランプ(Y0)が点灯します。

ラダープログラム

ラダープログラムは以下のようになります。

例題②_ラダープログラム

入力条件が2ヶの場合と同様に、真理値表の出力条件が1になる4つのパターンをそのまま入力条件にします。 荒業ですね…。

3. おわりに

三菱電機製シーケンサFXシリーズで作成するXOR(排他的論理和)回路のラダープログラム例を解説しました。

似た名前で、OR(論理和)回路やNOR(否定論理和)回路と呼ばれるものが存在します。以下のページで解説しておりますので、宜しければご覧ください。

00_【ラダープログラム回路】OR(論理和)回路のラダープログラム例【三菱FX】【ラダープログラム回路】OR(論理和)回路のラダープログラム例【三菱FX】 00_【ラダープログラム回路】NOR(否定論理和)回路のラダープログラム例【三菱FX】【ラダープログラム回路】NOR(否定論理和)回路のラダープログラム例【三菱FX】

以下の参考書はラダープログラムの色々な「定石」が記載されており、実務で使用できるノウハウが多く解説されています。私がラダープログラムの参考書として自信をもってオススメできるものです。

ただし、ラダープログラムやPLCといった電気・制御設計は参考書やWebサイトのみでの学習には必ずどこかで限界が来ます。

各メーカが販売しているPLCやプログラム作成のアプリケーションを揃えるには安くても十万円以上の大きな費用が掛かり、独学は現実的ではありません。

ラダープログラムの一番現実的な学習方法は「実務で経験を積む」ことです。電気・制御設計者はこれから更に必要な人材になり続けますので、思い切って転職する選択肢もあります。

DODA』といった大手求人(転職)サイトには電気・制御設計の求人が数多く紹介されています。※登録は無料です。

「スキルこそ今後のキャリアを安定させる最も大切な材料」と考える私にとって電気・制御設計はとても良い職業だと思います。キャリアの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です