【三菱FXシリーズ】論理和(WOR)命令の指令方法とラダープログラム例

00_【三菱FXシリーズ】論理和(WOR)命令の指令方法とラダープログラム例

三菱電機製シーケンサFXシリーズにおける「論理和」命令とは、2ヶのデバイスのデータの論理和を求めるラダープログラム命令です。

論理和とは入力条件のいずれか1ヶでも”1”の場合に出力が”1”になる論理演算です。論理和はORと表現することがよくあります。

この記事では、三菱電機製シーケンサFXシリーズにおける論理和命令の指令方法ラダープログラム例について解説します。

注意
この記事中のラダープログラムはGX Works2で作成しており、PCタイプはFX3G/FX3GCに設定してあります。

三菱電機製シーケンサFXシリーズにおいて、論理和命令は以下のシーケンサ・バージョンで使用することが可能です。

FX3S:Ver1.00以降
FX3G:Ver1.00以降
FX3GC:Ver1.40以降
FX3U:Ver2.20以降
FX3UC:Ver1.00以降

論理和命令は、代数的な加算結果である”和”を求めるものではありません。三菱電機製シーケンサFXシリーズでは加算(ADD)命令が別に用意されています。

加算(ADD)命令は以下のページで解説しておりますので、宜しければご覧ください。

00_【三菱FXシリーズ】加算(ADD)命令の指令方法とラダープログラム例【三菱FXシリーズ】加算(ADD)命令の指令方法とラダープログラム例

よく似た論理演算で論理積というものが存在します。論理積(WAND)命令は以下のページで解説しておりますので、宜しければご覧ください。

00_【三菱FXシリーズ】論理積(WAND)命令の指令方法とラダープログラム例【三菱FXシリーズ】論理積(WAND)命令の指令方法とラダープログラム例

1. 論理和命令の指令方法

論理和命令には、4種類の指令方法があります。

WOR:16ビット連続実行形
WORP:16ビットパルス実行形
DOR:32ビット連続実行形
DORP:32ビットパルス実行形

WORは論理和の通称であるORからきています。

メモ
連続実行形は、入力条件がONしている間、毎スキャン実行される命令です。
パルス実行形は、入力条件がONしたときの1スキャンのみ実行される命令です。

WOR:16ビット連続実行形(基本の形)

16ビット連続実行形の論理和命令は”WOR”と指令します。

こちらがWOR命令を使用したラダープログラム例です。

10_WOR命令

このラダープログラムは、入力条件であるX0がONしている間、データレジスタD0とD1の論理和をD2に格納するものです。

仮にD0が”0111 0000 0100 0101”、D1が”0001 1111 1010 0100”の場合、D2は
”0111 1111 1110 0101”になります。

その時のデバイス一括モニタは以下のようになります。

10_WOR命令_デバイスモニタ

D0とD1の各ビットのうち、どちらか一方が”1”であればD2のビットが”1”になります。

WOR命令は連続実行形であるため、X0がON中にD0またはD1の値が変わるとD2の値も追従して変わります。


先ほどのラダープログラムはGX Works2の回路上で WOR D0 D1 D2 と入力してEnterキーを押すと命令が挿入されます。(小文字でもOKです。)

10_命令挿入

WORP:16ビットパルス実行形

16ビットパルス実行形の論理和命令は”WORP”と指令します。

こちらがWORP命令を使用したラダープログラム例です。

11_WORP命令

連続実行形(WOR命令)との違いは、入力条件X0がON中にD0またはD1の値が変わってもD2の値は追従して変化しないことです。

X0がONした瞬間のD0とD1の論理和をD2に格納します。

メモ
入力条件がOFF→ONしたときに論理和命令を1スキャンだけ実行します。

DOR・DORP:32ビット実行形

32ビット連続実行形の論理和命令は”DOR”と指令します。

32ビットパルス実行形の論理和命令は”DORP”と指令します。

こちらがDOR・DORP命令のラダープログラム例です。

12_DOR命令
13_DORP命令

32ビット実行形の場合、2ワード(32ビット)長の論理和を求めます。

↑のラダープログラムでは、データレジスタD0・D1D2・D3の各2ワード長の論理和をD4・D5に格納します。この時、D0・D2・D4が下位側のデバイスになります。

2.【例題①】1ワード長の論理和を求める

下記仕様のラダープログラムを論理和命令を用いて解説します。

仕様
スイッチ(X0)を押している間、データレジスタD0とD1の論理和をD2に格納する。

論理和を求めるデータレジスタは1ワード(16ビット)長であるため、16ビット実行形の論理和命令を使用します。

GOTの動作イメージ

GOTの動作イメージは以下のようになります。

例題①_GOT動作イメージ

スイッチ(X0)が押されている間、データレジスタD0とD1の論理和をD2に格納します。

スイッチ(X0)が押されている間にD0またはD1の値が変化するとD2の値も追従して変化します。

ラダープログラム

ラダープログラムは以下のようになります。

例題①_ラダープログラム

論理和を求めるため、入力条件をX0とする16ビット連続実行形のWOR命令を使用します。

X0がONしている間、D0とD1の論理和演算の結果をD2に格納します。

連続実行形を用いることによりスイッチ(X0)が押されている間にD0またはD1の値が変化するとD2の値も追従して変化します。

3.【例題②】2ワード長の論理和を求める

下記仕様のラダープログラムを論理和命令を用いて解説します。

仕様
スイッチ(X0)を押している間、データレジスタD0・D1とD2・D3の論理和をD4・D5に格納する。
各データレジスタはD0・D2・D4を下位とする2ワード長として扱う。

【例題①】では扱うデータレジスタが1ワード(16ビット)長のため16ビット実行形であるWOR命令を使用しました。今回は扱うデータレジスタが2ワード(32ビット)長であるため32ビット実行形であるDOR命令を使用します。

GOTの動作イメージ

GOTの動作イメージは以下のようになります。

例題②_GOT動作イメージ

スイッチ(X0)が押されている間、データレジスタD0・D1とD2・D3の論理和をD4・D5に格納します。

【例題①】と同様、スイッチ(X0)が押されている間に演算元(D0~D3)の値が変化すると演算先(D4,D5)の値も追従して変化します。

ラダープログラム

ラダープログラムは以下のようになります。

例題②_ラダープログラム

2ワード(32ビット)長の論理和を求める場合、32ビット連続実行形のDOR命令を使用します。 (パルス実行形の場合はDORP命令)

X0がONしている間、D0・D1とD2・D3の論理和演算の結果をD4・D5に格納します。 DOR命令は、指令したデバイスを下位とする2ワード長として扱われます。

4. おわりに

三菱電機製シーケンサFXシリーズにおける論理和命令について解説しました。

論理和命令はワードデバイスに対して各ビットの論理和を求めるラダープログラム命令のため、ビットデバイスの論理和を求める場合は用いることが出来ません。

ビットデバイスの論理和については以下のページで解説しておりますので、宜しければご覧ください。

00_【ラダープログラム回路】OR(論理和)回路のラダープログラム例【三菱FX】【ラダープログラム回路】OR(論理和)回路のラダープログラム例【三菱FX】

以下の参考書はラダープログラムの色々な「定石」が記載されており、実務で使用できるノウハウが多く解説されています。私がラダープログラムの参考書として自信をもってオススメできるものです。

ただし、ラダープログラムやPLCといった電気・制御設計は参考書やWebサイトのみでの学習には必ずどこかで限界が来ます。

各メーカが販売しているPLCやプログラム作成のアプリケーションを揃えるには安くても十万円以上の大きな費用が掛かり、独学は現実的ではありません。

ラダープログラムの一番現実的な学習方法は「実務で経験を積む」ことです。電気・制御設計者はこれから更に必要な人材になり続けますので、思い切って転職する選択肢もあります。

DODA』といった大手求人(転職)サイトには電気・制御設計の求人が数多く紹介されています。※登録は無料です。

「スキルこそ今後のキャリアを安定させる最も大切な材料」と考える私にとって電気・制御設計はとても良い職業だと思います。キャリアの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です