【FB】論理回路を行うファンクションブロック

00_【FB】論理回路を行うファンクションブロック

GX Works2で2つのビットデバイスの論理演算を行うファンクションブロックを作成したので公開します。

ここでいう論理演算とは、以下のものを指します。

  • OR(論理和)
  • AND(論理積)
  • NOR(否定論理和)
  • NAND(否定論理積)
  • XOR(排他的論理和)

アイキャッチ画像に「作:電気設計人」とありますが、許可が必要な訳ではありませんので、ご自由に使用してください。(作ったぜアピールしたいだけです。)

ファンクションブロックの作り方と使い方は以下の記事で解説していますので、宜しければそちらもご覧ください。

00_【FB】ファンクションブロックの作り方(フリッカー回路)【FB】ファンクションブロックの作り方(フリッカー回路) 00_【FB】ファンクションブロックの使い方(フリッカー回路)【FB】ファンクションブロックの使い方(フリッカー回路)

この記事中のラダープログラムはFXCPU用の作成したものになります。

1. 作成するファンクションブロックの仕様

論理回路のファンクションブロックを作成する前に、完成したらどのようなことができるか明確にします。

今回は以下のような2つのビットデバイスの論理演算結果が出力できるものを作成します。

仕様
スイッチ(X0)とスイッチ(X1)の論理演算結果を以下のランプに出力する。
Y0:OR(論理和)
Y1:AND(論理積)
Y2:NOR(否定論理和)
Y3:NAND(否定論理積)
Y4:XOR(排他的論理和)

通常のラダープログラムは以下のようになります。

ラダープログラムは作る人により異なる場合がありますので「上のラダープログラム以外は間違っている」わけではありません。

イメージしやすいように簡単なGOTを作成しました。動作は以下のようになります。

それぞれの論理回路については以下のページで解説しておりますので、宜しければご覧ください。

00_【ラダープログラム回路】OR(論理和)回路のラダープログラム例【三菱FX】【ラダープログラム回路】OR(論理和)回路のラダープログラム例【三菱FX】 00_【ラダープログラム回路】AND(論理積)回路のラダープログラム例【三菱FX】【ラダープログラム回路】AND(論理積)回路のラダープログラム例【三菱FX】 00_【ラダープログラム回路】NOR(否定論理和)回路のラダープログラム例【三菱FX】【ラダープログラム回路】NOR(否定論理和)回路のラダープログラム例【三菱FX】 00_【ラダープログラム回路】NAND(否定論理積)回路のラダープログラム例【三菱FX】【ラダープログラム回路】NAND(否定論理積)回路のラダープログラム例【三菱FX】 00_【ラダープログラム回路】XOR(排他的論理和)回路のラダープログラム例【三菱FX】【ラダープログラム回路】XOR(排他的論理和)回路のラダープログラム例【三菱FX】

また、今回はXOR(否定論理和)とNAND(否定論理積)にインバース命令を使用しました。(斜線のような記号のものです。)

インバース命令については以下のページで解説しておりますので、宜しければご覧ください。

00_【三菱FXシリーズ】インバース(INV)命令の指令方法とラダープログラム例【三菱FXシリーズ】インバース(INV)命令の指令方法とラダープログラム例

2. デバイスをラベルに置き換え

上記のラダープログラムのデバイスをファンクションブロック内で使用するローカルラベルに置き換えます。

デバイス ラベル(置き換え後)
X0 i_Bit1
X1 i_Bit2
Y0 o_Or
Y1 o_And
Y2 o_Nor
Y3 o_Nand
Y4 o_Xor

このラベルを最初の仕様のデバイスに置き換えると、以下のような仕様になります。

仕様
入力ラベルi_Bit1と入力ラベルi_Bit2の論理演算結果を以下の出力ラベルに出力する。
o_Or:OR(論理和)
o_And:AND(論理積)
o_Nor:NOR(否定論理和)
o_Nand:NAND(否定論理積)
o_Xor:XOR(排他的論理和)

このファンクションブロックを作成することで、ラダープログラム内で何回でも上記の論理回路を使用することができます。

メモ
ファンクションブロックはラダープログラム上で何回でも使用することが可能です。

3. 作成した論理回路のファンクションブロック

それでは論理回路のファンクションブロックを作成します。

ファンクションブロックの名前は「Logic-circuit」とします。

Logic-circuitのファンクションブロック内のラダープログラムは以下のようになります。

<ファンクションブロック内部>

各デバイスをラベルに置き換えています。

このファンクションブロック「Logic-circuit」をラダープログラム上で使用すると以下のようになります。

<Logic-circuit使用例>

このラダープログラムを使用すると、以下のような仕様になります。

仕様
スイッチ(X0)とスイッチ(X1)の論理演算結果を以下のランプに出力する。
Y0:OR(論理和)
Y1:AND(論理積)
Y2:NOR(否定論理和)
Y3:NAND(否定論理積)
Y4:XOR(排他的論理和)

これは最初の仕様と同じものです。ラダープログラム上でファンクションブロック「Logic-circuit」は別の場所で別のアドレスで何回でも使用することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です