【ノウハウ初級】補助リレーのラダープログラム例【三菱FX】

00_【ノウハウ初級】補助リレーのラダープログラム例【三菱FX】

三菱電機製シーケンサFXシリーズにおける補助リレーとはプログラム上で使用することができる仮想のリレーです。

この補助リレーはラダープログラム内の「一時的に状態を記憶」したり「複雑な条件を一つの補助リレーにまとめる」といった色々な用途で幅広く使用することができます。

この記事では、三菱電機製シーケンサFXシリーズで作成する補助リレーを用いたラダープログラム例を2ヶ解説します。

注意
この記事中の三菱電機製シーケンサFXシリーズは、PCタイプがFX3S・FX3G・FX3GC・FX3U・FX3UCのPLC(シーケンサ)を指します。

三菱電機製シーケンサFXシリーズにおける使用できる補助リレーのデバイス番号補助リレーの種類については以下のページで解説しておりますので、宜しければご覧ください。

00_【三菱FXシリーズ】補助リレー(M)の使用方法とラダープログラム例【三菱FXシリーズ】補助リレー(M)の機能と動作例

1.【例題①】補助リレーを用いた自己保持回路

下記仕様の補助リレーを用いたのラダープログラムを解説します。

仕様
以下2ヶのうち、どちらか一方でも条件を満たした場合にランプ(Y0)が点灯する。
【条件1.】スイッチ(X0)を押してON、その後スイッチ(X1)が押されてOFF
【条件2.】スイッチ(X2)を押してON、その後スイッチ(X3)が押されてOFF

このラダープログラムを、補助リレーを用いて作成する方法を解説します。

タイムチャート

タイムチャートは以下のようになります。

例題①_タイムチャート

【条件1.】はスイッチ(X0)が押されてON、スイッチ(X1)が押されてOFFします。(青色部分)

【条件2.】はスイッチ(X2)が押されてON、スイッチ(X3)が押されてOFFします。(緑色部分)

ランプ(Y0)は【条件1.】または【条件2.】のいずれか一方でもONしている時に点灯(ON)します。(灰色部分)

注意
各スイッチは「押されている間にONする」ものとしています。

GOTの動作イメージ

GOTの動作イメージは以下のようになります。

メモ
GOT(グラフィックオペレーションターミナル)とは、三菱電機製タッチパネルのことで生産現場や工場設備で広く使用されている製品です。
ここでは「GOTはラダープログラムで使用されているデバイスのON/OFF状態や現在値をモニタしたり、変更することができるもの」程度の認識でOKです。
例題①_GOT

※使用していないデバイスがありますがご了承ください。

ランプ(Y0)は『スイッチ(X0)が押されてからスイッチ(X1)が押されるまで』または『スイッチ(X2)が押されてからスイッチ(X3)が押されるまで』のどちらか一方でも条件が成立している時に点灯します。

ラダープログラム

ラダープログラムは以下のようになります。

例題①_ラダープログラム

【条件1.】と【条件2.】でそれぞれ自己保持回路を作成します。それぞれの自己保持回路に補助リレーを用います。

【条件1.】には補助リレーM0を用いることで「X0がONするとM0がONし続けて、X1がONするとM0がOFF」します。(1行目)

【条件2.】には補助リレーM1を用いることで「X2がONするとM1がONし続けて、X3がONするとM1がOFF」します。(2行目)

出力リレーY0の条件を「M0とM1のOR回路」にすることで、ランプ(Y0)は【条件1.】または【条件2.】のいずれか一方でもONした場合に点灯(ON)します。(3行目)

メモ
このように、補助リレーは条件を一時的に記憶する用途で使用されます。

2.【例題②】補助リレーの接点を使いまわす

下記仕様の補助リレーを用いたのラダープログラムを解説します。

仕様
スイッチ(X0)を押すと、ランプ(Y0)が点灯し続ける。(自己保持回路)
スイッチ(X1)を押すと、ランプ(Y1)が点灯し続ける。(自己保持回路)
ランプ(Y0)と(Y1)は以下の条件が一つでも成立した場合に消灯する。
・スイッチ(X2)が押されたとき
・スイッチ(X3)が押されたとき
・スイッチ(X4)が押されたとき
・スイッチ(X5)が押されたとき

今回はランプを消灯させる条件をまとめるために補助リレーを用います。

GOTの動作イメージ

GOTの動作イメージは以下のようになります。

例題②_GOT

スイッチ(X0)を押すと、ランプ(Y0)が点灯し続けます。同様にスイッチ(X1)を押すと、ランプ(Y1)が点灯し続けます。

その後、ランプ(Y0)と(Y1)はスイッチ(X2)~(X5)のいずれか1ヶでも押されると消灯します。

スイッチ(X2)~(X5)はランプを消灯させる共通の条件となります。

ラダープログラム

ラダープログラムは以下のようになります。

例題②_ラダープログラム

入力リレーX0を入力条件とする、出力リレーY0の自己保持回路を作成します。(1行目)

同様に、入力リレーX1を入力条件とする、出力リレーY1の自己保持回路を作成します。(2行目)

それぞれの自己保持回路は、補助リレーM0がOFFするとOFFします。

その補助リレーM0は、入力リレーX2~X5のいずれか1ヶでもONするとOFFします。

つまり、スイッチ(X2)~(X5)のいずれか1ヶでも押されると、M0がOFFしてY0・Y1の自己保持回路がOFFしてランプ(Y0)と(Y1)が消灯します。

メモ
このように、補助リレーは共通の条件をまとめて複数の場所に使いまわすことで、ラダープログラムの簡略化が図れます。

3. おわりに

三菱電機製シーケンサFXシリーズで作成する補助リレーのラダープログラム例を解説しました。

補助リレーの使用方法は様々で、ラダープログラム作成者が自由に使うことができる便利なデバイスです。

以下の参考書はラダープログラムの色々な「定石」が記載されており、実務で使用できるノウハウが多く解説されています。私がラダープログラムの参考書として自信をもってオススメできるものです。

ただし、ラダープログラムやPLCといった電気・制御設計は参考書やWebサイトのみでの学習には必ずどこかで限界が来ます。

各メーカが販売しているPLCやプログラム作成のアプリケーションを揃えるには安くても十万円以上の大きな費用が掛かり、独学は現実的ではありません。

ラダープログラムの一番現実的な学習方法は「実務で経験を積む」ことです。電気・制御設計者はこれから更に必要な人材になり続けますので、思い切って転職する選択肢もあります。

DODA』といった大手求人(転職)サイトには電気・制御設計の求人が数多く紹介されています。※登録は無料です。

「スキルこそ今後のキャリアを安定させる最も大切な材料」と考える私にとって電気・制御設計はとても良い職業だと思います。キャリアの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です