【ノウハウ初級】ワンショット出力のラダープログラム例【キーエンスKV】

00_【ノウハウ初級】ワンショット出力のラダープログラム例【キーエンスKV】

ワンショット出力とは、スイッチ等の入力条件がONすると、ランプ等の出力が一定時間ONするものです。入力条件がONし続けても出力は一定時間後にOFFします。

00_ワンショット回路の様子

↑の回路はスイッチ・ランプ・タイマリレーを用いて作成したリレー回路です。PLC(プログラマブルロジックコントローラ)は使用していませんが、もちろんPLCを用いて同じ動作をする回路が作成できます。

この記事では、キーエンスKVシリーズで作成するワンショット出力のラダープログラム例を2ヶ解説します。

注意
この記事中のラダープログラムはKV STUDIO Ver.11で作成しており、対応機種はKV-N24に設定してあります。

リレー回路で作成するワンショット回路については以下のページで解説しておりますので宜しければご覧ください。

00_【リレー回路】ワンショット回路の回路図と動作【リレー回路】ワンショット回路の回路図と動作

三菱電機製シーケンサFXシリーズで作成するワンショット出力のラダープログラムについては以下のページで解説しております。

00_【ノウハウ初級】ワンショット出力のラダープログラム例【三菱FX】【ノウハウ初級】ワンショット出力のラダープログラム例【三菱FX】

1.【例題①】スイッチONでランプがワンショット出力

下記仕様のラダープログラムを解説します。

仕様
スイッチ(R0)を押すと、ランプ(R500)が2秒間点灯する。
スイッチを押し続けてもランプは2秒後に消灯する。
※スイッチを押している時間が2秒未満の場合、スイッチを離した時点でランプは消灯する。

入力条件をスイッチ(R0)、出力条件をランプ(R500)とするワンショット回路を作成します。

このラダープログラムは、スイッチを押している時間が2秒に満たない場合『ランプはスイッチを離した時点で消灯』します。必ず2秒間点灯するラダープログラムは【例題②】で解説します。

タイムチャート

タイムチャートは以下のようになります。

例題①_タイムチャート

入力リレーR0がONすると出力リレーR500が2秒間ONします。R0がONし続けてもR500は2秒後にOFFします。

R0のONしている時間が2秒に満たない場合、R0がOFFした時点でR500はOFFします。

ラダープログラム

ラダープログラムは以下のようになります。

例題①_ラダープログラム

スイッチ(R0)を押すと、入力リレーR0のa接点がONします。R0がONすると出力リレーR500がONしてランプが点灯します。

同時にタイマT10がONしてカウントを開始します。タイマはTMR命令を用いて100msタイマを使用します。100msタイマの設定値を#20に指定することで2秒間ONすると接点が動作するタイマとなります。(100msは0.1秒)

例題①_ラダープログラム解説1

↑のラダープログラムはR0がONしてから0.6秒経過した時点のイメージです。

メモ
TMR命令は減算式タイマと呼ばれ、現在値が0になると接点がONするタイマです。

キーエンスKVシリーズにおけるタイマ命令については以下のページで解説しております。

00_【キーエンスKV】タイマ(TMR・TMH・TMS)命令の指令方法とラダープログラム例【キーエンスKV】タイマ(TMR・TMH・TMS)命令の指令方法とラダープログラム例

R0が2秒間ONし続けるとタイマT10の現在値は0となり、T10のb接点がOFF(非導通)になります。

例題①_ラダープログラム解説2

この時、スイッチを押し続けていてもT10のb接点がOFFしているためランプは消灯します。


このラダープログラムは、R0がONする時間が2秒未満の場合ランプはスイッチを離した時点で消灯します。必ず設定時間点灯するラダープログラムは【例題②】で解説します。

2.【例題②】必ず設定時間ランプが点灯するワンショット出力

下記仕様のラダープログラムを解説します。

仕様
スイッチ(R0)を押すと、ランプ(R500)が2秒間点灯する。
スイッチを押し続けてもランプは2秒後に消灯する。
※スイッチを押している時間が2秒未満の場合でも、ランプは必ず2秒間点灯する。

今回はスイッチの押している時間が2秒未満であっても、必ずランプが2秒間点灯するラダープログラムを作成します。(こちらの方が実用的だと思います。)

タイムチャート

タイムチャートは以下のようになります。

例題②_タイムチャート

入力リレーR0がONすると出力リレーR500が2秒間ONします。R0がONし続けてもR500は2秒後にOFFします。

R0のONしている時間が2秒に満たない場合でも、ランプは必ず2秒間点灯します。

ラダープログラム

ラダープログラムは以下のようになります。

例題②_ラダープログラム

【例題①】に対して、R500のa接点を追加して自己保持回路としています。

例題②_ラダープログラム解説1

この自己保持回路によって、R0が一瞬でもONするとR500は2秒間ONし続けます。


↓スイッチを押している時間が2秒に満たない場合

例題②_ラダープログラム解説2

↓スイッチを押している時間が2秒以上の場合

例題②_ラダープログラム解説3

スイッチを押した時間に関わらず、必ずランプが2秒間点灯します。

3. おわりに

キーエンスKVシリーズで作成するワンショット出力のラダープログラム例を解説しました。

実はキーエンスKVシリーズには『ワンショット命令』と呼ばれる便利な命令が存在します。ワンショット命令については以下のページで解説しております。

00_【キーエンスKV】ワンショット(SHOT)命令の指令方法とラダープログラム例【キーエンスKV】ワンショット(SHOT)命令の指令方法とラダープログラム例

このワンショット命令は【例題②】と同様、入力条件がONしている時間に関わらず必ず指定した時間ONします。

以下の参考書はラダープログラムの色々な「定石」が記載されており、実務で使用できるノウハウが多く解説されています。私がラダープログラムの参考書として自信をもってオススメできるものです。

ただし、ラダープログラムやPLCといった電気・制御設計は参考書やWebサイトのみでの学習には必ずどこかで限界が来ます。

各メーカが販売しているPLCやプログラム作成のアプリケーションを揃えるには安くても十万円以上の大きな費用が掛かり、独学は現実的ではありません。

ラダープログラムの一番現実的な学習方法は「実務で経験を積む」ことです。電気・制御設計者はこれから更に必要な人材になり続けますので、思い切って転職する選択肢もあります。

DODA』といった大手求人(転職)サイトには電気・制御設計の求人が数多く紹介されています。※登録は無料です。

「スキルこそ今後のキャリアを安定させる最も大切な材料」と考える私にとって電気・制御設計はとても良い職業だと思います。キャリアの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です